2015年05月17日

189 : Desert Fox 『Red Air』

189個目のリリースはトラックメーカー・DJであるDesert Foxによる5曲入りEPです。
本人によるコメントや、ジャケット画像の対比からわかるよう、今作は2月に発表された『”For Winter Leaves”EP』の延長線上にあるEPとなりました。
表題曲"Red Air"では何かがうごめく様な不安定なノイズ音と、さりげなく刻まれる変拍子のトラック、そして哀愁感のあるメロディーが印象に残る楽曲で、ジャケットの写真で切り取られた夕焼けで赤く染まった外の空気を表現している様です。
4曲目"life melody"はドラムンベース曲で、性急なドラムトラックと並行して、噛み締めるように響くベースとピアノの対比が印象的な楽曲。
EPの最後を締めくくる"One day"では遠くから聞こえてくる子たちの遊んでいる喧騒と、歩いているときの足と連動している様なゆったりとしたアルペジオが切り取った日常を想像させる1曲です。

0430-0509.png

1.Red Air
2.White
3.World
4.life melody
5.One day






zipファイル(47.2 MB) 全5曲(17分)



Desert Foxのコメント
前回の延長線上にて、あえて奇抜な事をしないで、
自分の好きなメロディ重視に作ってみました。
良いと思ってくれた方がいれば幸いです。

https://soundcloud.com/desert_fox
https://twitter.com/Desert_Fox_20XX





この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示 - 非営利 - 継承 2.1 Japanライセンスの下でライセンスされています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/2.1/jp/





posted by 山岡迷子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | electronica | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

188 : MISOGIRL 『Shigella』

第188弾リリースは京都在住の電子音楽家、MISOGIRLによる10曲入りアルバムです。
1曲目"dynamic body"からMISOGIRL節全開の歪んだフレーズが繰り返される今作は、前作『KASOU TAPE』(MYWR-150)よりもよりアグレッシブに深化・進化したサウンドに出来上がりました。
全編ノイズにまみれた鋭角的な音処理ながら、どこかシュールで人懐っこいメロディが大胆に飛び出してくる予測不能な作品で、特に、レトロで不気味なフレーズが不安感を煽る5曲目"girl in closet"(タイトルからして不穏!)や、1分程度の小曲ながらサンプリング音声のピッチをいじりまくった怪曲7曲目"before stardust of road is interrupted"、そしてそれに続く、不協和音的なアルペジオ繰り返しの裏で男性ボーカルが小さく聞こえる8曲目"black.w.underground"等、強烈な印象を残すアルバムです。
前面義であるSAYONARA NEURONでの作品『SANATORIUM E.P.』(MYWR-144)『空』(MYWR-130)もオススメです。

0430-0509.png

1、dynamic body
2、dada
3、abandon
4、the letters
5、girl in closet
6、dance of death
7、before stardust of road is interrupted
8、black.w.underground
9、the tanned frequency
10、you never kiss...






zipファイル(38.3 MB) 全10曲(28分)



MISOGIRLのコメント
1年もの間模索し続けて来たあり方は、この10曲のどこかに存在するように思われ、尚且つ、それを噛み砕き横断することでボディイズム、その、異なるイズムを私は考えることができ、それによるノイズは鳴り続ける。

SoundCloud:https://soundcloud.com/misogirl
Twitter:https://twitter.com/ramodying2





この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示 - 継承 2.1 日本ライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.1/jp/




posted by 山岡迷子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

187 : sekken100% 『happiness』

187回目のリリースは、札幌の電子音楽家、sekken100%による7曲入りミニアルバムです。
ケルトやジャズ、ドリーミーポップ等、様々な音楽を包括した絵本的な魅力の詰まった前作『Log』(MYWR-152)が国内外で高い評価を受けましたが、今作ではより洗練された繊細で情緒豊かなサウンドへと進化しました。sekken100%のコメントにもある通り、繰り返し聞くたびに新しい音が聞こえてくる、細かいところまで作り込まれた作品です。
冒頭のミステリアスなグロッケンの音色が印象的な1曲目"glass"は、1分半という短い楽曲ですが「今回はどのような物語が始まるのか」わくわくさせるような重要な曲です。
ゆったりとした乾いたドラムの上を水彩画のような繊細なシンセのメロディが重なる2曲目"sketch"や、ぼやけた音処理とドローン音がトラックタイトルを連想させる4曲目"ghost"、アルバム中でも特に繊細で非常に細かい部分まで作り込まれた7曲目"breath"など、良曲が詰まった完成度の高いミニアルバムです。  
ハイライトは、ドラムンベース〜エレクトロニカな5曲目"break"で、哀愁感のある切ないメロディーと太く力強いトラックが強く印象に残ります。
前作同様、すずきちひろによる暗示的な語りかけるような水彩調のジャケットイラストにも注目です。

0430-0509.png

1.glass
2.sketch
3.caravan
4.ghost
5.break
6.sparkle
7.breath





zipファイル(65.9 MB) 全7曲(25分)




sekken100%のコメント
音圧を低く仕上げてあるので、ボリュームを少し上げ目の方が細かい音まで聴けるかと思います。

大変可愛いジャケットイラストはすずきちひろ(http://blueblueapple.tumblr.com/)さんに描いて頂きました。

http://www.nicovideo.jp/mylist/33029179
https://soundcloud.com/sekken100
https://twitter.com/sekken1001







この作品は、クリエイティブ・コモンズのAttribution-NonCommercial 2.1 Japanライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-nc/2.1/jp/


posted by 山岡迷子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | electronica | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月20日

186 : Chappy『In◇om◇et◇nc◇』

第186弾リリースはトラックメイカーChappyによる6曲入り作品集です。
今作ではブレイクビーツやEDM、2ステップといった要素が織り交ぜられた現在の音を伝えるエレクトロミュージックとなっています。
2曲目"0113"は規則的なドラムマシンの音にトライバルなリズムが絡みあうクラブミュージック。2分〜3分と比較的短い楽曲が収録されている今作ですが、唯一7分を越えている大作です。時間のフェーズとともにサンプリングされている音も移り変わり、スケールの大きさやを体感することができます。
作品を締めくくる6曲目"()nd"は不規則なスケールの上を並べられたアルペジオが繰り返されるミニマル的な要素と、EDM〜ダブステップの攻撃的な要素が混ざり合った楽曲です。

0430-0509.png

1.Ham Beats
2.0113
3.Percusman
4.004
5.Loo#3333 Cut
6.()nd






zipファイル(35.3 MB) 全6曲(20分)



Chappyのコメント
ジャンルに左右されず、一つ一つの楽曲を作りました。
作品を通して色んな表現ができていればと思います。

初めまして、Chappyと申します。
音楽を聴いたり弾いたり作ったりしてます。
これからも色んな音楽を聴いたり弾いたり作ったりしていきます。
よろしければアドバイス等、お願い致します。
どうぞよろしくお願い致します。

http://twitter.com/Chappyflea





この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示 - 非営利 - 継承 2.1 Japanライセンスの下でライセンスされています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/2.1/jp/




posted by 山岡迷子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | techno | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

185 : Toramaru 『水と音出し』

185個目のリリースは電子音楽家、Toramaruによる7曲入り作品集です。
「水」をモチーフとして作られた今作は随所に水を連想させる音が挿入されています。簡易な2文字のトラックタイトルから直接的に表現された7つの楽曲が収録されています。
ジャケット画像から簡単にイメージできるような身近な生活感としての「水」と、5曲目"富士"や6曲目"頂上"で描かれている少し浮世離れした遠くの出来事としての「水」の両方が、全編を通してグラデーションの如く表現された作品となっており、聴く人の感性を強く刺激します。
サウンドとしてはアンビエントミュージックを軸としたシンプルな曲構成ながらも、ノイズやクロスオーバークラブミュージック、エレクトロニカといった要素が控えめに楽曲に彩を与えています。

0430-0509.png

1雨粒
2上流
3水海
4霊峰
5富士
6頂上
7鳥籠






zipファイル(75.7 MB) 全7曲(35分)


Toramaruのコメント
Toramaruと言います。山岡さんのご好意でこの作品を出させていただきます。
シンプルに限った機材で制作しました。邪魔にならない音量で聞いてください。
ジャケットは雨宮つぐみさんという方に制作していただきました。

↓サウンドクラウド↓
https://soundcloud.com/toracloud

↓note↓
https://note.mu/toranote





この作品は、著作権を放棄しています。
posted by 山岡迷子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ambient | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。