2016年04月17日

212 : 剤電-Zie-とRAMOKOMAKINO 『쑥갓』

212番目のリリースはエレファントノイズカシマシのメンバーとしても活躍中のミュージシャン剤電-Zie-と、京都を拠点に音楽活動をおこなっている電子音楽家RAMOKOMAKINOによる3曲対3曲のスプリットEPです。
1〜3曲目は剤電-Zie-によるコントロール不能なノイズ色の濃い、強烈なトラックが並びます。
一方、4〜6曲目はRAMOKOMAKINOによる楽曲となっており、同じインダストリアルミュージックでもニューウェーヴ的なアプローチがされています。
剤電-Zie-パートを「動」とするならRAMOKOMAKINOが「静」となるような対照的なトラックが配置されており、
強すぎる実験精神がぶつかりまくった非常にユニークなスプリット作品で、双方の違いや似ているところを楽しむことができるEPです。

0430-0509.png


01 剤電-Zie- - 1mmも面白くない



02 剤電-Zie- - DID 〜dead is dead〜



03 剤電-Zie- - Her bloody Valentine A bullet between the eyes…



04 RAMOKOMAKINO - スプリングエコー



05 RAMOKOMAKINO - アオイレビン



06 RAMOKOMAKINO - ルーフトップ・プールサイド(live)






zipファイル(34.2 MB) 全6曲(15分)




剤電-Zie-のコメント
「ゴミ焼却炉っぽい音を目指しました。相変わらずBMIが上がりません。」

https://zaiden.bandcamp.com


RAMOKOMAKINOのコメント
「マッチョイズム継承。波動拳は初夢だけの特権。悲しいことばかり考えていた頃の音楽など、イビザには遠いです。」

http://ramokomakino.tumblr.com
https://twitter.com/ramodying2







この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示 - 継承 2.1 日本ライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.1/jp/



posted by 山岡迷子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | experimental music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

211 : Blue Entreaty 『Magic EP』

211回目のリリースはトラックメイカーENNOによるソロユニット、Blue Entreatyの3曲入りEPです。
3曲ともインストゥルメンタル曲となっており、シューゲイザーやエレクトロニカ〜ポストロック、特にシューゲイザー要素の強いEPです。
音数はどちらかと言うと少なめで音色や展開もシンプルですが、ポップでどこかセンチメンタルなサウンドとこだわりを感じるギターの鳴り方が魅力的で、ある種のフェティシズムが詰まった作品集です。
どこかチープで人懐っこいリズムトラックとシンセとシューゲイザーギターとの相性が抜群で、特に3曲目"Happy Universe"はオススメの1曲です。

0430-0509.png


01 Blue Magic



02 Hikarinonaka



03 Happy Universe





All track composed, arranged, mixed and mastered by ENNO.
Guitar, Programming : ENNO




zipファイル(16.6 MB) 全3曲(12分)




Blue Entreatyのコメント
初めまして。
Blue Entreatyというソロユニットで活動をしております、
ENNOと申します。
今回、迷われレコード様より3曲入りのEPをリリースしました。
幻想的な雰囲気が漂うインスト曲集になっています。
よろしくお願いします。

SoundCloud
https://soundcloud.com/enno_blue-e
Twitter
https://twitter.com/enno_blue_e






この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示 - 非営利 - 継承 2.1 Japanライセンスの下でライセンスされています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/2.1/jp/





posted by 山岡迷子 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | electronica | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

210 : Newpepemc - Potion

第210弾リリースは東京在住のトラックメーカー、Newpepemcによる7曲入りEPです。
エレクトロニカやIDMをベースに、ドラムンベースや、ジャズ、アシッドハウスの要素が作品に色を付けています。
洗練された都会的な音響空間センスや、どこか侘しさを感じるような感情表現が見え隠れする作品集で、それが重要なピースのようにも感じます。
高速に刻まれるドラムンベースと対比するようにゆったりとしたメロディラインやサンプリングの声が使われる3曲目"end of text"から、アンニュイでどこか不安定な雰囲気の中細かく切り刻まれたビートが進んでいく5曲目"nbeat"までの流れが強く印象に残ります。
過去作の『Balloon Border』(MYWR-194)や、OthermanRecordsからリリースされた『Rainy circle』(OTMN068)も聞き逃せない出来です。

0430-0509.png


01 potion



02 drop



03 end of text



04 regular hexahedron



05 nbeat



06 ips4.2



07 apple






zipファイル(41.0 MB) 全7曲(23分)



Newpepemc のコメント
最近出来た曲を公開したいと思います。
音数少ないエレクトロニカ/IDMです、よろしくお願いします。

https://soundcloud.com/newpepemc

先月Otherman Recordsから出したスプリットEPもあります。
http://www.otherman-records.com/releases/OTMN068



この作品は著作権を放棄しています。
posted by 山岡迷子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | electronica | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

209 : YZOX - OUR GORGE

209個目のリリースはDJ、トラックメイカーとして精力的イベントにも出演し、更にインターネットレーベルOMOIDE LABELの主宰も務めるYZOXによる6曲入り作品集です。
今作はタイトルが表すとおり、現在音楽シーンにおいて話題を集めている「ゴルジェ」というジャンルにフォーカスを当てた作品集となっており、このなかなか一言で言い表すことが難しい自由度の高く、ユニークな音楽である「ゴルジェ」をYZOX独自の解釈で消化しています。
4曲目"FZ genetic transmission"や、6曲目"Rock Starr"などメロディアスで普段ゴルジェに馴染みがない人でも入っていきやすいような楽曲も収録されており、全ての人にアピールできる傑作です!
過去に迷われレコードからリリースしたYZOXの初期作品でもある、2つのマッシュアップ作品『vs Beatles EP』(MYWR-067)『Beatles vs EP』(MYWR-082)も聴きどころの多いユニークな作品になっており、オススメです。

0430-0509.png


01 OUR GORGE



02 Left Bank



03 BASS CHANT



04 FZ genetic transmission



05 Mountain Rock Starr



06 Rock Starr








zipファイル(53.6 MB) 全6曲(23分)




YZOXのコメント
OMOIDE LABLEというものをやっているYZOXです。
元々は迷われさんからリリースしたことがきかっけでレーベルを作りました。
なので今回は感謝の気持ちも込めてのリリースとしたいと思っています。
迷われレコードは僕らにとってとても大事なレーベルです。
今後ともよろしくお願いいたします。
そして今作は噂のジャンルGORGEのリリースになります。
GORGEというとわからないという方もいらっしゃる方と思いますがとても自由な音楽です。
その一端を感じていただけると幸いです。

ART WORK BY バンジョーbot 









この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示 - 非営利 - 継承 2.1 Japanライセンスの下でライセンスされています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/2.1/jp/


posted by 山岡迷子 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | hiphop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

208 : Kunis 『Synchro Night Trimming』

第208弾リリースは自宅録音で音楽活動中のシンガーソングライター、Kunisによる4曲入りのミニアルバムです。
グラムロック的な遊び心とオルタナロックなかっこよさが混在した1曲目"星月夜"。
60〜70年代のフォークロックからの影響を感じる様な「湿度」と、万華鏡の様なキラキラとしたサイケデリックさが異様な空気を放つ2曲目"黒い薔薇(チャー坊に捧ぐ)"。
とにかくダイナミックなリフが印象に強く残るストレートなロックナンバー3曲目"夜の恋人"。
アルバム中最もフリーキーさを打ち出しているサイケデリックなポストロック4曲目"一日の終わり"。
宅録による強烈なハンドメイド的空気感や、フィルターがかかったような音像が癖になる作品となっています。
4曲とも歌モノ曲となっており、芸術的で何か訴えかけるような歌詞も印象的です。

0430-0509.png


1.星月夜



2.黒い薔薇(チャー坊に捧ぐ



3.夜の恋人



4.一日の終わり






zipファイル(22.9 MB) 全4曲(16分)




kunisのコメント
16歳の頃から宅録を始めて6年ほど経ちました。
録音にせよ曲にせよ技術はまだまだですが、とにかく一生懸命作ってきました。
僕の音楽は僕にとって日記や記録のようなものです。
そんな僕の音楽を誰かがどこかで聴いてくれておもしろいと思ってくれたのなら嬉しい限りです。
最近、録音した曲数を数えてみると200曲を超えていました。
こんなに作ってどうするんだと自分に対して呆れるような気持ちもありますが、
何かの傍らででも一生音楽を作り続けていきたいという気持ちもあります。
だってこれは僕の記録だから。
またいつかどこかで出会ったらよろしくお願いします。
作品をリリースしてくださった迷われレコードさんに感謝致します。

https://.twitter.com/sasorinofire
https://soundcloud.com/yoshihisakunis









この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示 - 非営利 - 継承 2.1 Japanライセンスの下でライセンスされています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/2.1/jp/





posted by 山岡迷子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | rock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする