2016年05月22日

213 : La Hot Bier Gang - LHBG EP

213個目のリリースはアルゼンチンの都市ロサリオで結成された6人組ポストロックバンド、La Hot Bier Gangによる10曲入りEPです。
このEPはジャケット画像や楽曲タイトルからも連想されるようにクンビアやオリエンタルスケールの要素が取り入れられた無国籍感満載の作品ですが、そういった一歩間違えばバラバラで散漫になってしまう扱いの難しい要素を、高いバンドの実力でしっかりと聴かせる一つのサウンドにまとめあげています。
特に4曲目"Primer Robot Latino"はクラウトロックやダブ、ラテン、フリージャズ、ポストロックといった要素が入り乱れる8分半の大作で、非常に聴き応えのある楽曲です。

5曲目以降はFaunaというデザイナーズスペースで演奏されたライブ録音で、アルゼンチンの音楽シーンの臨場感を体験できる貴重な音源となっています。
また単純に、La Hot Bier Gangという"バンドのライブ感"を楽しむことができる音源にもなっています。

迷われレコードで海外ミュージシャンの作品をリリースするのは、この作品が初めてです。
このリリースをきっかけに、アルゼンチンと日本の音楽シーンの交流が活性化することを願います。

Our 213th release is 10 songs EP by 6-piece post rock band called La Hot Bier Gang,formed in Rosalio,capital of Argentina.
As the artwork and song titles remind us this EP is a work of the feeling of statelessness loading elements of cumbia and the oriental scale,but they gathers it up for one that is so difficult to handle one false step and the sound had been loose.
In particular,track 4,"Primer Robot Latino" is the masterpiece in 8 and a half minutes,the elements like kraut-rock and Dub,Latin,free jazz,post-rock are mixed and combined.
After the 5th track,by live recording in designer space called Fauna,it is the valuable sample that you can experience a realism of the music scene of Argentina.In addition, it simply gives us a live feeling of La Hot Bier Gang and it's so much fun.
This is the first time that Mayoware record releases the work of overseas musician.I hope that the interchange of the music scene between Argentina and Japan become activated with this release as a starting point.

0430-0509.png

1. Cumbia Melancolica
2. Dubai
3. La Soda del Egipcio
4. Primer Robot Latino
5. Si Lo sabe Cante (Live in Fauna)
6. Sweet Hop (Live in Fauna)
7. Dubai (Live in Fauna)
8. La Soda del Egipcio (Live in Fauna)
9. Baila que te Baila (Live in Fauna)
10. Primer Robot Latino (Live in Fauna)








zipファイル(140 MB) 全10曲(58分)



La Hot Bier Gangのコメント
La Hot Bier Gang formed by the end of 2014 during the hot summer season in Rosario, Argentina. The music of the band is a mixture of southamerican cumbia rhythms, arabic melodies and techno/IDM patterns that flow all along in a sonic brew of textures and evolving dancing landscapes emerging from constants impromptus like mantras. The begining of 2016 bring new music to gang expected to be release sometime in the year.

La Hot Bier Gangは2014年の終わり、アルゼンチンはロサリオの暑い夏の間に結成された。バンドの音楽性はマ ントラのように絶えることなく続く即興演奏から現れる、質感と進化し続けるダンスの風景との音の混交のなかではじめから緩やかになびいている、南米のクンビアのリズム、アラビア音階のメロディーとテクノ/IDMのパターンのミクスチャーだ。2016年の始まりは、今年新しい音楽がリリースされることを期待 している一団にそれをもたらすことになった。

Website: https://lhbg.bandcamp.com/releases

La Hot bier Gang:
Martin Cabezudo: Bass & vocals
Diego Campos: Drums & persussion
Estanislao Chamut: Percussion
Jorge Capriotti: Guitars
Maxi Falcone: Synth & vocals
Mauro Cuffaro: Guitars & vocals

Artwork by: Cecilia Troy






この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示 - 非営利 - 継承 2.1 Japanライセンスの下でライセンスされています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/2.1/jp/




posted by 山岡迷子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | postrock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

212 : 剤電-Zie-とRAMOKOMAKINO 『쑥갓』

212番目のリリースはエレファントノイズカシマシのメンバーとしても活躍中のミュージシャン剤電-Zie-と、京都を拠点に音楽活動をおこなっている電子音楽家RAMOKOMAKINOによる3曲対3曲のスプリットEPです。
1〜3曲目は剤電-Zie-によるコントロール不能なノイズ色の濃い、強烈なトラックが並びます。
一方、4〜6曲目はRAMOKOMAKINOによる楽曲となっており、同じインダストリアルミュージックでもニューウェーヴ的なアプローチがされています。
剤電-Zie-パートを「動」とするならRAMOKOMAKINOが「静」となるような対照的なトラックが配置されており、
強すぎる実験精神がぶつかりまくった非常にユニークなスプリット作品で、双方の違いや似ているところを楽しむことができるEPです。

0430-0509.png

01 剤電-Zie- - 1mmも面白くない
02 剤電-Zie- - DID 〜dead is dead〜
03 剤電-Zie- - Her bloody Valentine A bullet between the eyes…
04 RAMOKOMAKINO - スプリングエコー
05 RAMOKOMAKINO - アオイレビン
06 RAMOKOMAKINO - ルーフトップ・プールサイド(live)






zipファイル(34.2 MB) 全6曲(15分)




剤電-Zie-のコメント
「ゴミ焼却炉っぽい音を目指しました。相変わらずBMIが上がりません。」

https://zaiden.bandcamp.com


RAMOKOMAKINOのコメント
「マッチョイズム継承。波動拳は初夢だけの特権。悲しいことばかり考えていた頃の音楽など、イビザには遠いです。」

http://ramokomakino.tumblr.com
https://twitter.com/ramodying2







この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示 - 継承 2.1 日本ライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.1/jp/



posted by 山岡迷子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | experimental music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

211 : Blue Entreaty 『Magic EP』

211回目のリリースはトラックメイカーENNOによるソロユニット、Blue Entreatyの3曲入りEPです。
3曲ともインストゥルメンタル曲となっており、シューゲイザーやエレクトロニカ〜ポストロック、特にシューゲイザー要素の強いEPです。
音数はどちらかと言うと少なめで音色や展開もシンプルですが、ポップでどこかセンチメンタルなサウンドとこだわりを感じるギターの鳴り方が魅力的で、ある種のフェティシズムが詰まった作品集です。
どこかチープで人懐っこいリズムトラックとシンセとシューゲイザーギターとの相性が抜群で、特に3曲目"Happy Universe"はオススメの1曲です。

0430-0509.png

01 Blue Magic
02 Hikarinonaka
03 Happy Universe

All track composed, arranged, mixed and mastered by ENNO.
Guitar, Programming : ENNO







zipファイル(16.6 MB) 全3曲(12分)




Blue Entreatyのコメント
初めまして。
Blue Entreatyというソロユニットで活動をしております、
ENNOと申します。
今回、迷われレコード様より3曲入りのEPをリリースしました。
幻想的な雰囲気が漂うインスト曲集になっています。
よろしくお願いします。

SoundCloud
https://soundcloud.com/enno_blue-e
Twitter
https://twitter.com/enno_blue_e






この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示 - 非営利 - 継承 2.1 Japanライセンスの下でライセンスされています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/2.1/jp/





posted by 山岡迷子 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | electronica | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

210 : Newpepemc - Potion

第210弾リリースは東京在住のトラックメーカー、Newpepemcによる7曲入りEPです。
エレクトロニカやIDMをベースに、ドラムンベースや、ジャズ、アシッドハウスの要素が作品に色を付けています。
洗練された都会的な音響空間センスや、どこか侘しさを感じるような感情表現が見え隠れする作品集で、それが重要なピースのようにも感じます。
高速に刻まれるドラムンベースと対比するようにゆったりとしたメロディラインやサンプリングの声が使われる3曲目"end of text"から、アンニュイでどこか不安定な雰囲気の中細かく切り刻まれたビートが進んでいく5曲目"nbeat"までの流れが強く印象に残ります。
過去作の『Balloon Border』(MYWR-194)や、OthermanRecordsからリリースされた『Rainy circle』(OTMN068)も聞き逃せない出来です。

0430-0509.png

01 potion
02 drop
03 end of text
04 regular hexahedron
05 nbeat
06 ips4.2
06 apple





zipファイル(41.0 MB) 全7曲(23分)



Newpepemc のコメント
最近出来た曲を公開したいと思います。
音数少ないエレクトロニカ/IDMです、よろしくお願いします。

https://soundcloud.com/newpepemc

先月Otherman Recordsから出したスプリットEPもあります。
http://www.otherman-records.com/releases/OTMN068



この作品は著作権を放棄しています。
posted by 山岡迷子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | electronica | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

209 : YZOX - OUR GORGE

209個目のリリースはDJ、トラックメイカーとして精力的イベントにも出演し、更にインターネットレーベルOMOIDE LABELの主宰も務めるYZOXによる6曲入り作品集です。
今作はタイトルが表すとおり、現在音楽シーンにおいて話題を集めている「ゴルジェ」というジャンルにフォーカスを当てた作品集となっており、このなかなか一言で言い表すことが難しい自由度の高く、ユニークな音楽である「ゴルジェ」をYZOX独自の解釈で消化しています。
4曲目"FZ genetic transmission"や、6曲目"Rock Starr"などメロディアスで普段ゴルジェに馴染みがない人でも入っていきやすいような楽曲も収録されており、全ての人にアピールできる傑作です!
過去に迷われレコードからリリースしたYZOXの初期作品でもある、2つのマッシュアップ作品『vs Beatles EP』(MYWR-067)『Beatles vs EP』(MYWR-082)も聴きどころの多いユニークな作品になっており、オススメです。

0430-0509.png

01 OUR GORGE
02 Left Bank
03 BASS CHANT
04 FZ genetic transmission
05 Mountain Rock Starr
06 Rock Starr







zipファイル(53.6 MB) 全6曲(23分)




YZOXのコメント
OMOIDE LABLEというものをやっているYZOXです。
元々は迷われさんからリリースしたことがきかっけでレーベルを作りました。
なので今回は感謝の気持ちも込めてのリリースとしたいと思っています。
迷われレコードは僕らにとってとても大事なレーベルです。
今後ともよろしくお願いいたします。
そして今作は噂のジャンルGORGEのリリースになります。
GORGEというとわからないという方もいらっしゃる方と思いますがとても自由な音楽です。
その一端を感じていただけると幸いです。

ART WORK BY バンジョーbot 









この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示 - 非営利 - 継承 2.1 Japanライセンスの下でライセンスされています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/2.1/jp/


posted by 山岡迷子 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | hiphop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。