2020年12月06日

223 : Kuja Saito - one bird

223番目のリリースはアンビエント・ポストクラシカルミュージック、リスニングミュージックを作曲する実験音楽家、Kuja Saitoによる4曲入りの作品集。
ビートレスで音数や展開も少ない作品ですが、ひとつひとつの音が温度のある独特な柔らか質感で構成されていて、ずっと続けて流れていて欲しい楽曲が詰まっています。
ヘッドホンではなく、スピーカーで再生させて部屋の空間に溶け込ませるよう聴いて欲しい作品です。


0430-0509.png


1.grief



2.this time



3.one bird



4.you say goodbye





zipファイル(46.9 MB ) 全4曲(17分)




Kuja Saitoのコメント
ポストクラシカルのつもりで書いていますが、そうなのかと言われたら違うのかもしれません。

いきなりですがこれから冬眠します。起こすと引っ掻きます(引っ掻きません)。


Youtube https://www.youtube.com/channel/UCD9vQFlBZShaH7lzSUWl8sw

Twitter https://twitter.com/KujaSaito

HP https://www.kuja.jp/






クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。


posted by 山岡迷子 at 00:00| Comment(0) | ambient | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

217 : GiMGiGaM - Yashiki Resort

217個目のリリースは、エレクトロパンクバンドQimon'ANA'Goのギタリスト、GiMGiGaMによる8曲入り作品集です。

「Yashiki Resortと言う架空のリゾート地で過ごす、ノスタルジックな1日をテーマにインスト作品集を作りました。」という本人談のコメントにもある通り、今作はコンセプチュアルな一作となっており、
GiMGiGaMによる演奏のアコースティックギターを大きな柱として、リゾート地での朝から晩までの生活を切り取ったような演出をされています。
リゾート地というリラックスしたシチュエーションではありますが、アンニュイだったり、エモーショナルだったり、享楽的だったりと、感情の揺れ幅は大きい楽曲が並んでおり、主人公がどのような状態にあるのか想像を掻き立てる作品となっています。

0430-0509.png

01 Misaki Ocean



02 Kasumi River Side



03 New Ao Neko



04 幽林



05 Sensui Night



06 Harbor Sunset



07 Abyssal Bay



08 Yoake Lounge







zipファイル(31.7 MB ) 全8曲(22分)




GiMGiGaMのコメント
初めまして。

Yashiki Resortと言う架空のリゾート地で過ごす、ノスタルジックな1日をテーマにインスト作品集を作りました。

よろしくお願い致します。

Soundcloud
https://m.soundcloud.com/gimgigam

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCYpu8aXK7QtpoBlb1Z32fFA

Twitter
https://twitter.com/gimgigam




この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示 - 非営利 - 継承 2.1 Japanライセンスの下でライセンスされています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/2.1/jp/





posted by 山岡迷子 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ambient | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

195 : HIROTA ENO 『escapism』

195回目のリリースは電子音楽家、HIROTA ENOによる5曲入りEPです。
SoundCloudやbandcampでノイズミュージックや、エレクトロニカ、生活音をサンプリングした実験音楽、ドローン等、様々な音楽を発表している彼ですが、今作ではアンビエントハウス〜テクノに焦点を当てた作品となっています。
EPの冒頭曲である"shall we chill dance ?"は音の波に身を任せてゆらゆらとチルするのが心地よい曲で、特に中盤から挿入される低いベースラインが癖になります。
3曲目の"desolation"はここまで1曲目、2曲目と続いてきたEPの流れを変える、4つ打ちのリズムトラックが印象的なアンビエントハウス曲で、チルアウトと覚醒をいったりきたりするような冷たくも高揚感のある楽曲です。
4曲目"whereabouts"は再び深く潜り込んでいくアンビエント曲で、前や後ろ、上と下、全ての方角から音が漂ってくるような音の配置、音処理が印象的。

0430-0509.png

1. shall we chill dance ?



2. depth psychology



3. desolation



4. whereabouts



5. absentmindedly.




zipファイル(21.2 MB) 全5曲(18分)



HIROTA ENOのコメント
ゆらゆらと踊れる音楽たちを作りました。
ゆらゆらと踊れるような丁度よい温度の作品となりました。
ダンスミュージックに慣れていない人にも聴いて欲しいです。
                   HIROTA ENO

サイトURL
https://soundcloud.com/hirota-ino
https://twitter.com/HIROTA_ENO
https://hirotaeno.bandcamp.com





この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示 - 非営利 - 継承 2.1 Japanライセンスの下でライセンスされています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/2.1/jp/




posted by 山岡迷子 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ambient | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

193 :TORAMARU 『Catalog of Installation』

193個目のリリースは電子音楽家、TORAMARUによる9曲入り作品集です。
好評価を受けた前作『水と音出し』(MYWR-185)は水をテーマに作れらたノイズアンビエント作品でしたが、今作では「宇宙」がテーマとして取り扱われた作品となっています。
点滅しているようなドローン音の強弱や、飲み込まれてしまいそうな世界の広がりを意識させる不安定なメロディー、未知なる発見への期待感に溢れたポジティヴなアルペジオ、どこまでも続く広大な空間への拡散を感じさせる不規則なリズムなど、様々な「宇宙」を連想させるギミックに凝った、SF作品的な楽しみ方もできるアルバムとなっています。
また、DL特典として5曲の音源も聴くことができ、9曲で完結した物語の別方向からの視点を楽しめます。

0430-0509.png


1:Light Up



2:UN・Tit_le



3:OXY



4:Shape



5:STAr



6:History



7:H/a/l/



8:Bed Room



9:The End Roll




zipファイル(47.4MB) 全9曲(28分) + DL特典音源 全5曲(13分)




Toramaruのコメント
Toramaruです。4ヶ月程度というかなり短いスパンでまた新しいアルバムを制作しました。前作は水に関する曲を過去に作った
中から選んで組みましたが今回は宇宙というワードを基により明確に曲を作ったつもりです。さらにハード機材が増えたり
iPhoneアプリで曲を制作したりと機材面でも前回より大幅に変わっています。Noteのサイトにて一曲ずつ思い出しながら
どんな風に作曲したのか機材は何を使ったのか書き留めてますのでご覧ください。


↓サウンドクラウド↓
https://soundcloud.com/toracloud

↓note↓
https://note.mu/toranote

↓ホームページ↓
http://mokugetsustudio.exout.net/



この作品は、著作権を放棄しています。
posted by 山岡迷子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ambient | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

185 : Toramaru 『水と音出し』

185個目のリリースは電子音楽家、Toramaruによる7曲入り作品集です。
「水」をモチーフとして作られた今作は随所に水を連想させる音が挿入されています。簡易な2文字のトラックタイトルから直接的に表現された7つの楽曲が収録されています。
ジャケット画像から簡単にイメージできるような身近な生活感としての「水」と、5曲目"富士"や6曲目"頂上"で描かれている少し浮世離れした遠くの出来事としての「水」の両方が、全編を通してグラデーションの如く表現された作品となっており、聴く人の感性を強く刺激します。
サウンドとしてはアンビエントミュージックを軸としたシンプルな曲構成ながらも、ノイズやクロスオーバークラブミュージック、エレクトロニカといった要素が控えめに楽曲に彩を与えています。

0430-0509.png


1雨粒



2上流



3水海



4霊峰



5富士



6頂上



7鳥籠






zipファイル(75.7 MB) 全7曲(35分)


Toramaruのコメント
Toramaruと言います。山岡さんのご好意でこの作品を出させていただきます。
シンプルに限った機材で制作しました。邪魔にならない音量で聞いてください。
ジャケットは雨宮つぐみさんという方に制作していただきました。

↓サウンドクラウド↓
https://soundcloud.com/toracloud

↓note↓
https://note.mu/toranote





この作品は、著作権を放棄しています。
posted by 山岡迷子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ambient | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする