2015年09月06日

204 : Chappy 『KV-080』

第204弾リリースはトラックメイカーChappyによる5曲入り作品集です。
半年前にリリースされた前作『In◇om◇et◇nc◇』(MYWR-186)ではEDMや2ステップなどといったエレクトロミュージックを収録したEPとなっていましたが、
スペーシーでテクノクラシックな雰囲気を持った表題曲1曲目"KV-080"、
トライバルなアシッド〜サイケデリックなステップ曲"El (demo11)"、
80年代後半〜90年代前半のUKテクノ的なニュアンスをもったダブステップ曲の"Fixed_AB"、
僅か1分ちょっと速さで駆け抜けるドリルンベース+アンビエントな4曲目"1411-96_07^-^19"、
EPの最後を飾るアンビエントテクノ〜チルアウトな5曲目"Child Weathe"と、個性の強い曲が5曲集まった作品集となっています。

0430-0509.png

1.KV-080
2.El (demo11)
3.Fixed_AB
4.1411-96_07^-^19
5.Child Weathe







zipファイル(27.5 MB) 全5曲(20分)




Chappyのコメント
o(`ω´ )o宜しくお願い致します。

https://soundcloud.com/chaaaaapppppyyyyy








この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示 - 非営利 - 継承 2.1 Japanライセンスの下でライセンスされています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/2.1/jp/






posted by 山岡迷子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | techno | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

202 : FOSTEX alfa 『1』

202回目のリリースはトラックメイカー、FOSTEX alfaによる10曲入りアルバムです。
初期のテクノから、アブストラクト、コーンウォール系の雰囲気を持った楽曲などが収録された作品集となっており、フロアよりも部屋で一人で聴きたくなるような、どこかダークで落ち着いたトラックが集められています。
特に、初期のシンセミュージックに見られたようなチープさと温かみを持ったアナログシンセ的な音色のフレーズと、ひたすら繰り返される「Welcome to Techno Japan!」男性の声が印象的な6曲目"Welcome to Techno Japan![133.33]"、さらにそこから間髪を入れずに続くアンビエントテクノな7曲目"Dice[128.00]"、焦燥感を表すようなハイハットの細かい刻みと、現実離れしたような甘いシンセメロディーの対比が印象に残る8曲目"Cold Summer[128.04]"の流れがハイライトです。

0430-0509.png

01. IIIIIILLLLLOOOOOVVVVVEEEEE YYYYYOOOOOUUUUU[140.04]
02. Nite[154.04]
03. Child[150.07]
04. New[120.02]
05. Tape[133.33]
06. Welcome to Techno Japan![133.33]
07. Dice[128.00]
08. Cold Summer[128.04]
09. Be At A Lost[133.3333]
10. End Of Age[110]





zipファイル(42.9 MB) 全10曲(31分)



FOSTEX alfaのコメント
初めて作品を出させていただきますFOSTEX alfaと申します。
あやふやな作品ですが是非一聴してもらえればと思っております。

https://soundcloud.com/user877120083

サウンドクラウドでもちょくちょく作品を追加していきますのでよろしくお願いします。






この作品は著作権を放棄しています。

posted by 山岡迷子 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | techno | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

201 : PinokioMachine 『IN MY HEAD』

201回目のリリースは埼玉県トラックメイカー、PinokioMachineによる4曲入りEP。
アーバンなピアノの打鍵によるイントロの入りと、癖の強いストリングスのメロディーが印象的な7分を越えるリードトラック"OPENING-α"や、リフレインしていくハウス的な面白さが詰まった2曲目"Boogie Machine"
ダブステップ〜EDMの流れを汲みながらも自身のスタイルに消化している3曲目"You Remember"や、キャッチーで攻撃的なテンションの高いエレクトロな4曲目"MACHINE"といった、それぞれのアクが強いながらもどこか統一感のある作品となっています。
AnythingRecordsからのリリースされたEP『WAGAMAMA EP』(ANY-56)、百姓レコーズからリリースされたEP(納められた年貢)『Daydream screen』(Nengu-4)も名盤です!

0430-0509.png

01.OPENING-α
02.Boogie Machine
03.You Remember
04.MACHINE






zipファイル(48.9 MB) 全4曲(22分)



PinokioMachineプロフィール
大学に入学と同時に作曲を始める。 2013年6月に自身初のEPを
AnythingRecordsよりリリース。 同年、コンピレーションアルバム
Fogpak8に参加。2.5Dにて行われた リリースパーティーにて初ライブ
を行う。 近年は、BGM等の楽曲提供を主に自身の音楽制作スキルを高
めるため に修行中。

Soundcloud
https://soundcloud.com/pinokiomachine
Twitter
https://twitter.com/PinokioMachine
百姓レコーズ
http://hyakusyo.jimdo.com/







この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示 - 非営利 2.1 日本ライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-nc/2.1/jp/







posted by 山岡迷子 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | techno | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月20日

186 : Chappy『In◇om◇et◇nc◇』

第186弾リリースはトラックメイカーChappyによる6曲入り作品集です。
今作ではブレイクビーツやEDM、2ステップといった要素が織り交ぜられた現在の音を伝えるエレクトロミュージックとなっています。
2曲目"0113"は規則的なドラムマシンの音にトライバルなリズムが絡みあうクラブミュージック。2分〜3分と比較的短い楽曲が収録されている今作ですが、唯一7分を越えている大作です。時間のフェーズとともにサンプリングされている音も移り変わり、スケールの大きさやを体感することができます。
作品を締めくくる6曲目"()nd"は不規則なスケールの上を並べられたアルペジオが繰り返されるミニマル的な要素と、EDM〜ダブステップの攻撃的な要素が混ざり合った楽曲です。

0430-0509.png

1.Ham Beats
2.0113
3.Percusman
4.004
5.Loo#3333 Cut
6.()nd






zipファイル(35.3 MB) 全6曲(20分)



Chappyのコメント
ジャンルに左右されず、一つ一つの楽曲を作りました。
作品を通して色んな表現ができていればと思います。

初めまして、Chappyと申します。
音楽を聴いたり弾いたり作ったりしてます。
これからも色んな音楽を聴いたり弾いたり作ったりしていきます。
よろしければアドバイス等、お願い致します。
どうぞよろしくお願い致します。

http://twitter.com/Chappyflea





この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示 - 非営利 - 継承 2.1 Japanライセンスの下でライセンスされています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/2.1/jp/




posted by 山岡迷子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | techno | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

182 : Desert Fox 『”For Winter Leaves”EP』

182個目のリリースはエレクトロニカイベントFreaker.を主催するトラックメーカー・DJであるDesert Foxによる5曲入りEPです。
edsillforRecordingsから5曲入りのEP『Memories of deep sea and rain not seen』[ELF-NET041]をリリースしたDesert Foxですが、今作では前作よりもチルアウトやポストロックの成分が強くなっており、より先鋭化されたサウンドアレンジを聴くことができます。
EP名やそれぞれのトラックタイトルを見てわかる通り冬を意識した作品となっており、その音の感触や空間の作り方に非常に強いこだわりを感じることのできます。
特に、1曲目"Winter Leaves"での物悲しくもスケール感のあるメロディーや、絶妙な音の肌触りは象徴的です。
また、息をのむような美しいジャケット画像も素晴らしい作品です。

0430-0509.png

1.Winter Leaves
2.もし全てが土曜の夜の夢なら
3.By Any Means
4.Lost Summer Breeze
5.Freedom For All






zipファイル(47.2 MB) 全5曲(20分)





Desert Foxのコメント
奇抜な事をしないで、「チルアウトミュージック」の枠組みに、
個人的に好きな言葉やサンプリングソース、音色を押し込んで作ってみました。
結果、妙な冬の曲ができたような気がします。ぜひ聞いてください。
よろしくお願いします。

soundcloud:https://soundcloud.com/desert_fox
Twitter:https://twitter.com/Desert_Fox_20XX







この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示 - 非営利 - 継承 2.1 Japanライセンスの下でライセンスされています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/2.1/jp/




posted by 山岡迷子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | techno | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。