2012年11月25日

87 : Braspats 『monkey libido EP』

87番目のリリースは迷われレコードから『Quit listening EP』(MYWR-079)や『the older ep』(MYWR-031)をリリースしているnemo asakuraとjackyからなるロックバンドBraspatsの初めてのEP。
USインディーやエモロックを通過したサウンドクオリティは高く、非常に活き活きとしています。
特に、バンドであることを最大限に活かしたnemo asakuraとjacky2人による流暢な英語詞ボーカルとギターのハーモニーは美麗でエモーショナルです。
nemo asakura節全開な爽やかな疾走感のある2曲目"every single harmony"と
jacky主導によるしっとりとしたバラード曲な4曲目"sleep tight"は今作のハイライト。

0430-0509.png

01 Leaving


02 every single harmony


03 sketch for october


04 sleep tight


05 low




zipファイル(38.3 MB) 全5曲(24分)



Braspatsのコメント
どうもみんなの性奴隷、nemoasakuraです。

少し、昔の話をしようか。あれは僕が世田谷のとあるFラン大学で2回目の三年生を謳歌していた春のことである。

僕はその大学で軽音楽サークルに所属していたのであるが、そのサークルは例のアニメしかり、ほとんど楽器の練習などしている輩はおらず、そのころにはすっかりアニメ、漫画、特撮、ゲーム、ギャンブル同好会となっており、サークルメンバーはオタクかパチンカスかアル中しかいないという有様であった。

その年の新歓ライブも終わり、どれ新入生のツラでも見に行くかと、サークルに顔を出したのであったが、

その中に妙な一年生がいた。

そのいかにも童貞風のいでたちの男はベースアンプの前を陣取り、ノリノリでJoy Division のDisorderのベースラインを弾いていた。

彼の本名はちょっと思い出せないが、大正の文豪みたいな仰々しい名前であった為、名前負けしていてムカつくからと、彼のジャッキー・チェンのような顔立ちから『ジャッキー』とあだ名をつけた。

一般的には知られていないが、大学生にもなってJoy Divisionのベースを弾いてる野郎というのは、往々にして童貞である。そんな彼を一目見て僕はニヤリとしたのを今でも鮮明に覚えている。



「こいつはいいパシリになるにちがいない」



果たしてそれはその通りであった。腹がへったらマックポークを買いに行かせ、暇だと思えば一晩中アニメ鑑賞会につき合わせ、いやがる彼をメイド喫茶に連行し、メイドとチェキを撮らせたりした。

僕とジャッキーの関係は、彼が『合宿で女の布団に忍び込んだ』とかいうよくわからない罪でサークルを追われてからもなんとなく続き、彼がベースからギターに転向し、僕らが社会人になった今も続いている。



そんな僕とジャッキーとのプロジェクト、[braspats] GarageBandで曲のアイデアをやり取りしながら3ヶ月ほどで制作したEP、それが今作『monkey libido EP』である。



ジャッキーのせいで、普段の僕の楽曲に比べればエモパワー5割増といったところですが、結構な仕上がりだと自負していますので、どうぞ一聴の程、よろしくお願い申し上げます。



ご意見、ご感想はこちらまで

nemoasakura twitter https://twitter.com/nemoasakura

jackey twitter https://twitter.com/jackyydog



nemoasakuraでした。





この作品は、クリエイティブ・コモンズのAttribution-NonCommercial 2.1 Japanライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-nc/2.1/jp/




ラベル:Braspats
posted by 山岡迷子 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | rock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

84 : rosetown 『焦土V』

84個目のリリースは以前に発表した『焦土U』(MYWR-048)の評価が高かったロックバンド、rosetownによる作品集です。
『焦土V』と銘打たれた今作は前作と同様に全ての楽曲の曲名はナンバリングされているだけで、ノイジーでリヴァーヴの強くかかった音像と相まって、まるで地下室で作られたような謎なバンドの全容を想起させます。
打ち込みで作られたトライバルなリズムにトラックに、レゲエやオルタナティヴロック、インダストリアル、を飲み込んだジャンル不明なロックサウンド、そして何かを絞り出すかのような少しかすれた歌声はrosetownにしか作ることのできない独自の音楽へ昇華しています。
「未来へ、未来へ」と歌われる2曲目"焦土27"は感動的な名曲です。
youtubeにアップされている自主制作のPVも素晴らしい映像になっています。

0430-0509.png

1.焦土32


2.焦土27


3.焦土20


4.焦土28


5.焦土30


6.焦土14


7.焦土33


8.焦土26





zipファイル(34.5 MB) 全8曲(30分)



rosetownのコメント
rosetown在住。

↓↓↓

ホームページ:http://rosetownrosetown.web.fc2.com/index.html
YouTube:http://www.youtube.com/user/rosetownrosetown?feature=mhee






この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示 2.1 Japanライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/









ラベル:rosetown
posted by 山岡迷子 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | rock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

79 : nemo asakura 『Quit listening EP』

79個目のリリースは前作『the older ep』(MYWR-031)が各所で高い評価受けたnemo asakuraによる4曲入りの新作EPです。
しっかりと立体感と質量感のある高い演奏力とメロディーセンス、そしてなによりも流暢な英語で歌われる美麗な歌声は今作でも顕在で、4曲とも隙のない驚くべきクオリティに仕上がっています。
特に、印象的なストリングスアレンジが美しいメロディーラインを更に際立たせている1曲目"everybody rapes you everywhere"や
nemo asakuraの高い演奏力と楽曲構成力を堪能することができるポストロック色の強い3曲目"Don't stand by me"は秀逸です。

0430-0509.png

01 everybody rapes you everywhere


02 heaven's highway


03 Don't stand by me


04 humanrace




zipファイル(22.3 MB) 全4曲(14分)


nemo asakuraのコメント
まずこのジャケ写の靴ですがこれはアルフレッドバニスターです(ドヤッ)
バックジップになってて脱ぎ履きしやすいんですよ。え?曲?ま、それよりも
ジャケ写の靴ですがこれ2万のをセールで1万5千で買っ…え?曲?曲は今
どうでもいいです。で、この靴ですが渋谷で買ったんですけど店員が…あ?曲?

曲 は ど う で も い い っ て 言 っ て ん だ ろ !

どうもnemoasakuraです。
4曲入りのEPなんでサラっと暇な時にでも聴いてみてください。
今回はgaragebandで作りました。精一杯良いサウンドに仕上げた筈です。

ご意見、ご感想等はこちらまで
https://twitter.com/nemoasakura

一応soundcloudやってます
http://soundcloud.com/nemoasakura

nemoasakuraでした。






この作品は、クリエイティブ・コモンズのAttribution-NonCommercial 2.1 Japanライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-nc/2.1/jp/






ラベル:nemo asakura
posted by 山岡迷子 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | rock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

78 : Elfs in Bloom『Girl,Boy and the Resistance』

78個目のリリースはElfs in Bloomによる10曲入りの作品集です。
今作はオルタナティヴロック〜シューゲイザーを主軸としたアルバムとなっており、
アイディアとリスペクトに溢れたギターサウンドは非常に巧みです。
また、宅録で組み立てられたノイジーでメロディアスな楽曲群は生々しく、
まさにオルタナティヴかくあるべき音楽となっています。
3曲目"I see"でのディストーションの効いたタイムレスメロディーな浮遊感は絶妙です。

0430-0509.png

01 Girl divided the world


02 A Slop


03 I see


04 プール


05 屋上


06 New Rebellion


07 風


08 Sediment of Youth


09 Fxxk the world


10 Girl,Boy and the Resistance





zipファイル(60.6 MB) 全10曲(29分)


Elfs in Bloomのコメント
北海道発の宅録ユニット、Elfs in Bloomです。
今年5月にネットレーベル・Canata Recordsさんから出させていただきました(CNT-015 )が、
本作は、それと同様にオルタナ〜ローファイ、シューゲイザー、
そしていくつかの美少女ゲームに影響を受けながら、
更にラフな(つまり雑な)音像になっています。
また、インストも多めで、自分で作っててよくわからん謎のアルバムになってしまいましたが、
興味を持たれた方はぜひ聴いてみてくださいませ。





この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示 2.1 Japanライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/





ラベル:Elfs in Bloom
posted by 山岡迷子 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | rock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

72 : 名無しの音楽団『Kiss me!! Flog princess』

72番目のリリースは神奈川で活動を行っているロックバンド、名無しの音楽団による音源集です。
オーソドックスなギターロックながら、エモーショナルな熱量をもったメロディーと
どこか冷めた印象を受けるキーボードサウンドとの対比が面白く特徴的です。
リードトラックの"Kiss me!! Flog princess"を始め、
キャッチーで勢いのある楽曲が詰まった一作となっています。

ジャケット.jpg

1.Kiss me!! Flog princess


2.イレギュラー


3.がやがや





zipファイル(30.9 MB) 全3曲(21分)


名無しの音楽団のコメント
ゆとり世代の開き直りJ-POPです!現代っ子丸出しサウンドを是非是非。
この他しょうもないツイッターとデモ音源もチェック!

・しょうもないTwitter:@nns_ongakudan

・しょうもないその他デモ:http://okmusic.jp/#!/user/5070






この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示-改変禁止 2.1 Japanライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-nd/2.1/jp/





posted by 山岡迷子 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | rock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。