2016年05月22日

213 : La Hot Bier Gang - LHBG EP

213個目のリリースはアルゼンチンの都市ロサリオで結成された6人組ポストロックバンド、La Hot Bier Gangによる10曲入りEPです。
このEPはジャケット画像や楽曲タイトルからも連想されるようにクンビアやオリエンタルスケールの要素が取り入れられた無国籍感満載の作品ですが、そういった一歩間違えばバラバラで散漫になってしまう扱いの難しい要素を、高いバンドの実力でしっかりと聴かせる一つのサウンドにまとめあげています。
特に4曲目"Primer Robot Latino"はクラウトロックやダブ、ラテン、フリージャズ、ポストロックといった要素が入り乱れる8分半の大作で、非常に聴き応えのある楽曲です。

5曲目以降はFaunaというデザイナーズスペースで演奏されたライブ録音で、アルゼンチンの音楽シーンの臨場感を体験できる貴重な音源となっています。
また単純に、La Hot Bier Gangという"バンドのライブ感"を楽しむことができる音源にもなっています。

迷われレコードで海外ミュージシャンの作品をリリースするのは、この作品が初めてです。
このリリースをきっかけに、アルゼンチンと日本の音楽シーンの交流が活性化することを願います。

Our 213th release is 10 songs EP by 6-piece post rock band called La Hot Bier Gang,formed in Rosalio,capital of Argentina.
As the artwork and song titles remind us this EP is a work of the feeling of statelessness loading elements of cumbia and the oriental scale,but they gathers it up for one that is so difficult to handle one false step and the sound had been loose.
In particular,track 4,"Primer Robot Latino" is the masterpiece in 8 and a half minutes,the elements like kraut-rock and Dub,Latin,free jazz,post-rock are mixed and combined.
After the 5th track,by live recording in designer space called Fauna,it is the valuable sample that you can experience a realism of the music scene of Argentina.In addition, it simply gives us a live feeling of La Hot Bier Gang and it's so much fun.
This is the first time that Mayoware record releases the work of overseas musician.I hope that the interchange of the music scene between Argentina and Japan become activated with this release as a starting point.

0430-0509.png

1. Cumbia Melancolica
2. Dubai
3. La Soda del Egipcio
4. Primer Robot Latino
5. Si Lo sabe Cante (Live in Fauna)
6. Sweet Hop (Live in Fauna)
7. Dubai (Live in Fauna)
8. La Soda del Egipcio (Live in Fauna)
9. Baila que te Baila (Live in Fauna)
10. Primer Robot Latino (Live in Fauna)








zipファイル(140 MB) 全10曲(58分)



La Hot Bier Gangのコメント
La Hot Bier Gang formed by the end of 2014 during the hot summer season in Rosario, Argentina. The music of the band is a mixture of southamerican cumbia rhythms, arabic melodies and techno/IDM patterns that flow all along in a sonic brew of textures and evolving dancing landscapes emerging from constants impromptus like mantras. The begining of 2016 bring new music to gang expected to be release sometime in the year.

La Hot Bier Gangは2014年の終わり、アルゼンチンはロサリオの暑い夏の間に結成された。バンドの音楽性はマ ントラのように絶えることなく続く即興演奏から現れる、質感と進化し続けるダンスの風景との音の混交のなかではじめから緩やかになびいている、南米のクンビアのリズム、アラビア音階のメロディーとテクノ/IDMのパターンのミクスチャーだ。2016年の始まりは、今年新しい音楽がリリースされることを期待 している一団にそれをもたらすことになった。

Website: https://lhbg.bandcamp.com/releases

La Hot bier Gang:
Martin Cabezudo: Bass & vocals
Diego Campos: Drums & persussion
Estanislao Chamut: Percussion
Jorge Capriotti: Guitars
Maxi Falcone: Synth & vocals
Mauro Cuffaro: Guitars & vocals

Artwork by: Cecilia Troy






この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示 - 非営利 - 継承 2.1 Japanライセンスの下でライセンスされています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/2.1/jp/




posted by 山岡迷子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | postrock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

178 : depthqueuing『For My Adolescence』

178回目のリリースは迷われレコード第四弾となるフィジカルCDです。
今回は、迷われレコード(MYWR-106)(MYWR-053)、セラミックレコーズ[CRM-051][CRM-038]等ネットレーベルを中心に活動する島根県在住のトラックメーカー、depthqueuing(デプスキューイング)による初めてのフィジカルCD作品です。
アコースティックな弾き語りから激しいドリルンベース等打ち込みまで幅広いリリースをしているdepthqueuingが、今作は原点でもあるバンドサウンドにこだわり、Pop、Alternative、Postrock等を通過した様々な表情のある1枚となっています。
depthqueuing本人によるボーカルも魅力の一つで、激しくも美しいサウンドトラックと初期衝動溢れるボーカルとの対比は感動的です。

0430-0509.png
photo by Gota Yamane



収録曲
1, イノセンス
2, Last Smile
3, ソクラティックメソッド
4, Scarlet
5, 無理解
6, Adern
7, Summer Snow
8, 煌々
9, 人魚姫
10, dawn (album ver.)

全10曲、定価1500円



委託販売店
more records(埼玉・大宮)  通販取扱いページ
borzoi reocrd(鳥取)
GREEN HOUSE(岡山)
TOKYO FUTURE MUSIC(東京・池袋)  通販取扱いページ
Hawaii Record(大阪)  通販取扱いページ
タコシェ(東京・中野)
ディスクユニオン
・お茶の水駅前店
・新宿本館BF 日本のロック・インディーズ館
・下北沢店
・吉祥寺店
・横浜関内店
・北浦和店
・高田馬場店
・池袋店
・渋谷中古センター店
・中野店
・立川店
TOWER RECRODS 各店
HMV 各店
Amazon

・オンラインショップ

迷われレコードオンラインショップでも取扱ってます!
https://mayoware.stores.jp/#!/items/54bcf280391bb3162f0008ca

4/26(日)に開催される同人音楽即売会M3にて先行リリース予定!!
(迷われレコードのブースは第二展示場1Fの「お03ab」です。)

posted by 山岡迷子 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | postrock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

170 : Fluffytails 『Lavender EP』

170個目のリリースは姫路のミュージシャン、 Fluffytailsによる4曲入りEPです。
ドリームポップやポストパンク、初期シューゲイザーの精神を体現した様な生々しいサウンドとなっており、そのずっと漂っていく様な浮遊感のあるギターサウンドと、ミニマルにループされる簡易なドラムマシンの乾いた音が、二律背反的な意味合いにも感じることができます。
息苦しくうなされる悪夢みたいでもあり、甘く心地よい夢見心地みたいでもある、そんな作品集です。
EPのラストを飾る"Cherished Happy Memory"はChelsea Terraceのまゆみがボーカルで参加した楽曲で、幻想的で繊細な歌声がFluffytailsの音楽と混ざりあって一層に世界観をキラキラと輝かせています。
Fluffytailsの楽曲は他にもネットレーベル御伽の森からリリースされた『七夕コンピ』や、Grantie Recordsからリリースされた『Wang Bang Coming No Kong』で聴くことができます。

0430-0509.png

1.I'll be on the air


2.Lavender Field


3.Tenderness


4.Cherished Happy Memory (Fluffytails with mayumi from Chelsea Terrace)




zipファイル(28.5 MB) 全4曲(24分)


Fluffytails のコメント
いつもDream popなインストを作っています。ドラム以外は全て弾いてます。
前にバンドにいたので自分で弾く癖がついてるみたいです、そのときはベースだけでしたが。
インストがメインなんですけど今回、Chelsea Terraceのまゆみさんの素敵なボーカル、トイピアノ、ストリングスを乗せていただきました。ありがとうございます!

サイトURL Fluffytails: soundcloud.com/fluffytails
Chelsea Terrace: soundcloud.com/mayumi2







この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示−非営利−継承 2.1 Japanライセンスの下でライセンスされています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/2.1/jp/
posted by 山岡迷子 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | postrock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月11日

157 : depthqueuing 『Last Smile』

157回目のリリースはdepthqueuingによる2曲入りEPです。
これまでインストゥルメントのポストロック(MYWR-106)やエレクトロニカ(CR-038)作品をリリースしてきたdepthqueuingですが、
今作は歌モノ作品となっており、改めてその優れたメロディーセンスを再確認することができます。
1曲目"Last Smile"は本人の歌唱によるギターロック曲。王道的なポストロック曲ですが、めまぐるしく展開を変えてくるギター、ドラム、ベース、それぞれの演奏がアイディアに溢れています。
2曲目"kaleidoscope"は初音ミクをフューチャーしたスローテンポな楽曲。悲しく刻まれるピアノのリフレインと、慟哭の様にも聞こえるロングトーンで弾かれるギターの音、そして、無感情に歌われる初音ミクのボーカルが、楽曲の景色を上手く演出しており、思わず歌詞で表現される主人公に感情移入してしまいます。

0430-0509.png

1.Last Smile







2.kaleidoscope










zipファイル(19.4 MB) 全2曲(8分)




depthqueuingのコメント
初音ミクを使った曲を作りましたが、何もありませんでした。
夢がなさすぎて泣いています。
歌も歌いました。よろしくおねがいします。



twitterアカウントhttps://twitter.com/dep89ing






この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示・非営利 2.1 Japanライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-nc/2.1/jp/









posted by 山岡迷子 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | postrock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

136 : もちゃ×2 『もちゃ×2 Vol.1』

136回目のリリースは男女4人組のアコースティックバンド、もちゃ×2(もちゃもちゃ)による3曲入り作品集です。
今回の作品はメンバーによる演奏を音楽スタジオでせーので録音された音源となっており、
それぞれの楽曲からは一発録りならではの生々しさと緊張感が伝わってきます。
1曲目はかわいいトイッポップ曲、2曲目はブルースギターが印象的な歌もの曲、3曲目はハッピーなレゲエ曲と、バラエティの富んだ作品に仕上がっています。

0430-0509.png

1.もちゃ×2ぽっぷ


2.はたらきたくない!


3.はっぴぃはっぴぃ






zipファイル(9.17 MB) 全3曲(13分)




もちゃ×2のコメント
けーてぃーけー:ぎたー
カロさんと、山岡さんとご一緒できて、楽しかったです。

やまおかまいご:てっきん、ぴあにか、ぎたー、うた
こころのさけびです。
大阪府茨木市のD-STUDIOで録音しました。
https://twitter.com/yamaokamaigo
http://yamaokamaigo.seesaa.net/

たかひろ(かあろきっさ):べーす
ばんどはたのしいけど、むずかしいなとおもいました。
https://twitter.com/19_Takahiro_20
http://www.carokissa.com/

すなちゅ(かあろきっさ):どらむ、てっきん、こーらす
楽しかったです۹ (♡′θ'♡) ۳ ㌰
https://twitter.com/sunachu
http://www.carokissa.com/








この作品は、クリエイティブ・コモンズのAttribution 2.1 Japanライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/


posted by 山岡迷子 at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | postrock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。