2015年07月12日

197 : MISOGIRL「White flowers continue to bloom」

第197弾リリースは京都在住の電子音楽家、MISOGIRLによる5曲入りEP作品集です。
これまで『Shigella』(MYWR-188)『KASOU TAPE』(MYWR-150)など、鋭利で挑戦的なサウンドによる実験的な作品が多かったMISOGIRLですが、今作では5曲目に収録されたJoy Divisionの"Love Will Tear Us Apart"のカバーに象徴されるようにニューウェーヴ的な要素がこれまで以上に強調された、電子音楽 + ポストパンクな作品となっています。また全曲でヴォーカルトラックが入っており、イアンカーティスを彷彿とさせるような呪術的な歌声を聴くことができます。
注目は無機質なロボットボイスとローテンションな低いキーのボーカルとのやり取りが癖になる3曲目"Sex Symbol"や、前作までの流れと今作を繋ぐようなノイズフィルターサウンドが特徴的な4曲目"BUZZ"。
また、なんといっても原曲の根底に流れる雰囲気は残しつつも、現代の電子音楽としての、そしてMISOGIRLのサウンドとしてのアレンジを施した"Love Will Tear Us Apart"のカバーが素晴らしい。

0430-0509.png

1、Sea Of Trees
2、Mr,HOLLYWOOD
3、Sex Symbol
4、BUZZ
5、Love Will Tear Us Apart(Joy Division)





zipファイル(36.5 MB) 全5曲(16分)




MISOGIRLのコメント
終了、そして出発。確定したと信じていてもその脆さに驚くことになる。
これまでとある作法に乗っ取り敢えて劣悪音質で音源をリリースしていたが、それをやめた。タイミングが存在していた。
ポストパンク的アプローチで5曲録音致しました。
ギグでのレギュラーソング多数。攻撃力随一。
ニューウェイヴファンへ。

SoundCloud:https://soundcloud.com/misogirl
Twitter:https://twitter.com/ramodying2










この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示 - 継承 2.1 日本ライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.1/jp/




posted by 山岡迷子 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

188 : MISOGIRL 『Shigella』

第188弾リリースは京都在住の電子音楽家、MISOGIRLによる10曲入りアルバムです。
1曲目"dynamic body"からMISOGIRL節全開の歪んだフレーズが繰り返される今作は、前作『KASOU TAPE』(MYWR-150)よりもよりアグレッシブに深化・進化したサウンドに出来上がりました。
全編ノイズにまみれた鋭角的な音処理ながら、どこかシュールで人懐っこいメロディが大胆に飛び出してくる予測不能な作品で、特に、レトロで不気味なフレーズが不安感を煽る5曲目"girl in closet"(タイトルからして不穏!)や、1分程度の小曲ながらサンプリング音声のピッチをいじりまくった怪曲7曲目"before stardust of road is interrupted"、そしてそれに続く、不協和音的なアルペジオ繰り返しの裏で男性ボーカルが小さく聞こえる8曲目"black.w.underground"等、強烈な印象を残すアルバムです。
前面義であるSAYONARA NEURONでの作品『SANATORIUM E.P.』(MYWR-144)『空』(MYWR-130)もオススメです。

0430-0509.png

1、dynamic body
2、dada
3、abandon
4、the letters
5、girl in closet
6、dance of death
7、before stardust of road is interrupted
8、black.w.underground
9、the tanned frequency
10、you never kiss...






zipファイル(38.3 MB) 全10曲(28分)



MISOGIRLのコメント
1年もの間模索し続けて来たあり方は、この10曲のどこかに存在するように思われ、尚且つ、それを噛み砕き横断することでボディイズム、その、異なるイズムを私は考えることができ、それによるノイズは鳴り続ける。

SoundCloud:https://soundcloud.com/misogirl
Twitter:https://twitter.com/ramodying2





この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示 - 継承 2.1 日本ライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.1/jp/




posted by 山岡迷子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

150 : MISOGIRL『KASOU TAPE』

第150弾リリースは京都在住の電子音楽家、MISOGIRLによる10曲入りアルバムです。
前名義SAYONARA NEURONとして『空』(MYWR-130)『SANATORIUM E.P.』(MYWR-144)といったニューウェーヴ〜エレクトロ〜実験音楽な作品集をリリースしてきましたが、名義変更に伴いスタイルも変わり、ラジカルな実験音楽の成分が増え、よりサウンドが先鋭化されています。
特に、性急なBPMが刻まれるエクスペリメンタル曲な2曲目"ユキドリは邪"と、太平洋戦争時のラジオ放送をサンプリングした10曲目"from時○℃"は印象的です。
かと思えば"恋するフォーチュンクッキー"のカバー曲も収録されるユーモアもあり、非常に振れ幅の広い作品となっています。
直前にネットレーベル、CORECO Recordsからリリースされたコンピレーション『CORECO VOLUME TWO』にもMISOGIRLとして参加しており、そちらも必聴です。

0430-0509.png

​​
01 水面に写る僕の蛆
​​ ​​

02 ユキドリは邪
​​ ​​
​​
03 バッファー
​​
​​
04 君はアトム
​​
​​
05 割れた指輪のようでした
​​
​​
06 ヘテロダイン
​​
​​
07 音楽室の
​​
​​
08 ミッドナイトエクスプレス
​​
​​
09 恋するフォーチュンクッキー
​​
​​
10 from時○℃
​​





zipファイル(51.9 MB) 全10曲(23分)



MISOGIRLのコメント
初めまして、MISOGIRLです、お疲れ様です。
つい最近までSAYONARA NEURONというユニットをしておりましたが、個人的な心境の変化やら何やらで名義を変更し、メンバーも減りまして、あと、音質が悪くなりました。
そんなMISOGIRLですが是非一度お耳に通して頂けたら光栄です。

音雲:https://soundcloud.com/misogirl
twitter:https://twitter.com/ramodying2







この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示 - 継承 2.1 日本ライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.1/jp/







posted by 山岡迷子 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

144 : SAYONARA NEURON『SANATORIUM E.P.』

第144弾リリースは京都在住の二人組電子音楽ユニット、SAYONARA NEURONによる4曲入りEPです。
「自分なりにブリープテクノを解釈したインスト曲2つと、アナログ感溢れる歌もの2つ」という本人談の通り、1曲目"SYSTEM OF ROMANCE"、3曲目"MOVE OF FOOL"ではアナログな感触のピコピコ音によって繰り返されるミニマルな主題から展開されるドロドロでユニークなサウンドが、2曲目"秋霖"、そして表題曲の4曲目"Sanatorium."では女性ボーカルをフューチャーした哀愁を帯びたニューウェーブエレクトロポップな楽曲を聴くことができます。
ノイズに歌謡曲、ニューウェーヴなど、バラエティに富んだ前作『空』(MYWR-130)と併せて聴きたい一筋縄ではいかない実験的でもあり、ポップでもある一作です。
なお、今後はSAYONARA NEURONを改め、MISOGIRLに名義を変更して活動する予定です。

0430-0509.png

1 SYSTEM OF ROMANCE
​​

2 秋霖
​​

3 MOVE OF FOOL
​​

4 Sanatorium.
​​




zipファイル(32.7 MB) 全4曲(15分)



SAYONARA NEURONのコメント
昨今のマキシマイザーパッツンパッツンのクラブ対応電子音楽に疲れた方、チープサウンドマニア、ホワイトノイズマニア、発信音マニアの方に広くオススメですので是非。

サイトURL
https://soundcloud.com/misogirl






この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示 - 継承 2.1 日本ライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.1/jp/





posted by 山岡迷子 at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月24日

134 : Madoka『Door』

134回目のリリースは電子音楽ユニットKakurenbo(MYWR-117)のメンバーとしても活動を行っている、東京在住のアーティストMadokaによる4曲入り作品集です。
大きく描かれたドアのジャケットが印象的な本作は、前作『Colors of seasons』[MYWR109][hand061] と同じくピアノの音が中心に据えられ、その周りにフィールドレコーディングされた子どもたちの遊んでいる声や、鐘の音、時計の音、控えめな電子音が効果的に配置されています。
テーマとなっているのはまさしく『Door』であり、ドアの外、中の風景、そして開閉の瞬間が切り取られて楽曲として描かれています。それは暗示的でありながらも、物語の絵本を開いている様です。
空気が一変するのがEPの最後を飾る"とうしんだい"で、すべての物語が終わった後のエピローグを読んでいる様な寂しさと暖かさを感じる一曲となっています。
今年の夏に7曲入りのアルバム『I met you in the forest』がCD-Rで販売されており、こちらにも注目です。

0430-0509.png

1. Open/Close


2. Outside


3. Inside


4. とうしんだい





zipファイル(24.7 MB) 全4曲(12分)




Madokaのコメント
心温まりますように。


Twitter: https://twitter.com/madoka_mdksn
Soundcloud: https://soundcloud.com/mdksn
Bandcamp: http://madoka.bandcamp.com/music




クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下に提供されています。
posted by 山岡迷子 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。