2015年10月24日

206 : 荻窪SEX 『1』

206個目のリリースはeifonenとThe Fukushoによる2人組ユニット、荻窪SEXによる12曲入りアルバムです。
アルバムの内容を言葉で表現するのは不可能であり、アシッドまみれなフリーフォークや、超有名なポップ曲、どこの地方のものともわからない民族音楽、泥臭いファンク、SF映画のサウンドトラック、ヒップホップなどなど。出自の不明な無数の音ネタをサンプラーによって無軌道に、そして思う存分自由に再構築して曲を作り上げています。
ほぼ全編を通して意味をなさないデタラメな歌詞で歌われる中、唯一「宇宙の果てへ出かけよう」と日本語で歌われるアシッドフォーク曲な2曲目"Uchu No Hate He"や、マイケル・ジャクソンの「Bad」を大胆にサンプリングした悪ふざけとしか思えない9曲目"Michel"、かわいらしい女性による「ワン、ツー、スリー、フォー、ファイブ」の歌声のサンプリングから幕を開け、気づけばインド風の民族音楽に展開してしまう3曲目"Hirosue"など、名曲、奇曲が詰まった怪作アルバムとなっています。
なお、本作は10/25に開催される同人音楽即売会イベント「M3 2015秋」にて配布される予定です。(ブース番号:ケ07a)

0430-0509.png

01 Drill
02 Uchu No Hate He
03 Hirosue
04 Flashback
05 Routine Work
06 Furui Umi
07 Stoner
08 Nigami
09 Michel
10 Vail
11 Tank
12 Michibiki







zipファイル(70.4 MB) 全12曲(36分)




荻窪SEXのコメント
初めまして、荻窪SEXと申します。
サンプラー2台を使用したセッションを元に、歌ものポップソング/サウンドコラージュ音源を
制作する2人組ユニット(eifonen / The Fukusho)です。
楽しい音楽になっていると思いますので、ぜひとも御一聴頂けると幸いです。
宜しくお願い申し上げます!

https://twitter.com/eifonen
https://rorexrecords.bandcamp.com/
http://www34.atwiki.jp/rorexrecords/








この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示 - 非営利 - 継承 2.1 Japanライセンスの下でライセンスされています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/2.1/jp/




posted by 山岡迷子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

205 : Eity 『Yorumichi E.P.』

205個目のリリースは東京のトラックメイカー、Eityによる7曲入りEPです。
1曲目は25秒程度の短い導入曲ですが、2曲目"Winds"と3曲目"Night Road"はボーカロイドを使った歌モノ曲で、特に表題曲とも言える"Night Road"はエレクトロニカをベースとした疾走感のある職人的な確かなサウンドアレンジと、センチメンタルでポップなメロディーが、ボーカロイドの機械的でありながら独特の感情を持った歌声と絶妙に溶け合った素晴らしい一曲となっています。
4曲目"Carry On With My Music(23:40mix)"はエレクトロミュージックに振れたインスト曲となっており、堂々と鳴らされる甘いリードシンセの音が幻想的です。
5曲目はleave Eによる"Nigt Road"のリミックス。EDM成分が強くなった大胆でユニークなリミックスアレンジです。
6〜7曲目は"Winds"と"Night Road"のインストゥルメンタルとなっています。

0430-0509.png

01 Noise
02 Winds
03 Night Road
04 Carry On With My Music (23:40mix)
05 Night Road (leave E remix)
06 Winds (instrumental)
07 Night Road (instrumental)







zipファイル(47.8 MB) 全7曲(30分)



Eityのコメント
●作品紹介
ポップさとセンチメンタルの融合…そんなイメージを基に制作しました。

1Noise
これから何が始まるか分からない不安。それをシンセサイザーとレコードノイズで表現。映画のプロローグのようなイメージ。

2 Winds
今年の3月には出来ていた曲。もともとインストにしようと思っていたが、着地点が定まらず、ずっと暖めていた。このEPを作るにあたり、ちょっと寒くなってきた秋らしい歌詞をつけて放出。今年の夏は全く夏らしく過ごせなかったので秋と冬は存分に楽しみたい。

3Night Road
全編にわたってほぼFmaj7→G→Am→Am→Fmaj7→G→Am→Cの繰り返しである。最初はRoadとLoadをかけてみようかと考えていたのだが歌詞が重くなりすぎて断念。結局普通に曲名はNight Roadとなった。デモの時点ではピアノと少数のシンセが鳴っているだけであったが、うちにギターがあったのを思い出し、ギターを入れ、ストリングスをはじめとする諸々のアコースティック楽器を入れて完成。ちなみに僕はギターは弾けない。もちろん打ち込みである。ボーカロイドを初めて使ってみた曲でもある。

4Carry On With My Music(23:40mix)
ちょっといやらしくも捉えられるこのタイトル。ディレイによる浮遊空間の中をリードシンセと声のサンプリングでごり押し。23:40はこのサンプリングの元ネタである某曲名に由来する。

5Night Road (leave E remix)
EPにもう一曲入れたいという僕の勝手な考えで、ある高校生にリミックスを依頼。彼は快くOKしてくれました。(まだ一度も会ったことないけど。)僅か4日で届いたリミックスはノリの良いダンスミュージックとなっていました。後半の畳み掛けるようなドロップは最高。

このEPは、僕がTwitterを通して知り合った方々のご協力により成り立っています。
ジャケット制作:yaxxxxxさん https://twitter.com/Stereo__Future
リミックス制作:leave Eさん https://twitter.com/wannafuckingdie


●自己紹介
 SoundCloudとTwitterを中心に活動しています、Eityです。お初にお目にかかる方が多数かと思います。
現在、DTMは勉強中のため、Twitterでよく作曲に関する質問をしますので、お気軽にリプください。

soundcloud: https://soundcloud.com/eity8

Twitter: https://twitter.com/Eity_ri_chi_





この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示 - 非営利 - 継承 2.1 Japanライセンスの下でライセンスされています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/2.1/jp/






posted by 山岡迷子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月29日

200 : Caro kissa 『Caro kissa ×××』

200回目のリリースは、第6弾フィジカルCDです!!
今回は大阪出身の2人組アコースティックポップユニット、Caro kissaによる待望の全国流通盤、そして多数のゲストミュージシャンが参加したコラボレーションアルバムとなっています!!
発売日は7/29(水)です!
続きを読む
posted by 山岡迷子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

191 : 鳴子ナセバ『水面飛行』

191個目のリリースは謎の女性シンガー、鳴子ナセバによる2ndシングルです。
今作は2015年4月に開催された同人音楽イベント「M3 2015春」において配布されたCD-R作品、『水面飛行』のネットリリース版です。
前作『ギガンティア』[PSTnet-024]ではシューゲイザーやアシッドフォークを中心としたギターポップなサウンドとなっていましたが、今作ではダブポップやテクノポップへと大きく方向転換したサウンドとなっている。

0430-0509.png



リミキサーにyellowlabel(SoundCloudTwitter)とDubb Parade(SoundCloudTwitter)が参加。
また前作と同様、ジャケットはSiryu(sironiakaTwitter)、マスタリングはnemo asakura(heaven's show caseSoundCloudTwitter)が担当。

今回のネットリリースについては、M3版のライナーノーツを担当した古川氏運営の音楽レビューサイト『sittingbythechurchwithdan』との共同リリースとなっており、迷われレコードにはそのM3版のライナーノーツを掲載し、『sittingbythechurchwithdan』のリリースページには鳴子ナセバ本人よる初のコメントと、作詞作曲編曲を担当した山岡迷子のセルフライナーノーツを掲載しています。どちらもチェックしてみてください。




ライナーノーツ

 山岡迷子というアーティストにとっての「Blue Monday」・・・彼が敬愛するNew Orderになぞらえて言うならば、この鳴子ナセバの2ndシングル「水面飛行」は彼にとってはそういった位置付けの作品である。
2014 年の夏以降、山岡は疲弊しきっていた。彼が主宰するネットレーベル、すなわちデモ音源の募集要項に「ジャンルはロック、ジャズ、ヒップホップ、ノイズ、民族音楽、テクノ、演歌、歌謡曲、ただの生活音、犬の鳴き声、無音、嫌がらせ、なんでも大丈夫」というアナーキーなスタンスを掲げることで、音楽を制作する ことや演奏することをそれこそまったくの素人のレベルにまで「解放」せんとすると同時に、彼が影響を受けたニューウェーブ、Durutti ColumnやFlying Lizards といったアーティストたちから継承した自身のアイデンティティ、音楽は優れたアイデアと想いさえあれば誰にだって出来るものである、という インディペンデント/DIYアティチュードをも無言のうちに表明する「迷われレコード」の運営を軌道に乗せるために、日々彼のもとへと日本中から送られてくる無名アーティストたちの音源をチェックする一方で、所属アーティストたちのフィジカルCD のリリースをネットリリースと並行して行い、各地のショップへの営業活動に奔走しながらも、先日発表になってネットレーベル界隈では話題を呼んだULTRA-VIBE,INC との業務提携へと漕ぎ着けて迷われレコードのCDの全国流通するにまで至った、そのレーベル・オーナーとしての業務に忙殺されてしまっていたことで自身の音楽活動が完全に停滞してしまい、彼の内面ではレーベル・オーナーとしての自意識と、いちアーティストとしての表現欲求や自我との間にいつしか大きな溝が産まれてしまっていたのであろう。恐らくは、彼の本心や真意をもう誰にも語ることが出来なくなってしまっていたくらいに。

「鳴子ナセバ」という、この非常に匿名性の強い(インターネット上のどこにも本人に関わる情報が出てこない!)女性アーティストは、そのような状況下において山岡が自身の音楽活動を継続するために用意した別のペルソナ、もしくは「ライナスの毛布」であった。鳴子ナセバの存在そのものであり、山岡が彼女に提供した楽曲たちはすべて、そこに「山岡迷子」自身の姿が投影されたものだったのである。少なくとも、2014年の8月にネットレーベルPositive Recordsからフリー配信された鳴子ナセバの1stシングル「ギガンティア」の時点ではそうだった。そのため、彼に近しい人間からは「山岡迷子の人間性が前面に出すぎていて安心して聴いていられない」という、いささか厳しい評価を下されたりもしたようだが、とはいえ、「ギガンティア」が鳴子ナセバの純粋無垢な歌声とシューゲイズ/インディー・ポップ・サウンドの平衡が保たれた傑作であることは間違いないし、この「ギガンティア」で一度自分自身の内面(それは、叶わなかった恋の前で立ちすくんで俯いてしまっている山岡の、痛々しいまでに切実な心情であった)をすべて赤裸々に曝け出し、音楽的にも彼の創作活動のひとつの頂点ともいえるほどの充足感へと辿り着いてしまったがために、山岡が自身のソロでありほむらんず、kangaroo girlsでの活動を(おそらくは意識的に)ストップさせたのは当然のことといえば当然のことであった。「ギガンティア」において山岡は、あくまでもプロ デューサーという立場であったとはいえ、彼そのものをいわば「出し切った」、そのことはすなわちアーティスト山岡迷子の紡いできた物語が完結してし
まったことを意味すると言っていいほどのものであったのだから。(注・山岡迷子名義でのフィジカルCD「ユウタイサンセット」には「ギガンティア」以降に録音された唯一の新曲が収録されてはいるが、これはアルバム収録曲がすべて既発曲となってしまうことを考慮したことによるものであった)

 そして2015年の2月のこと、今年の春のM3で鳴子ナセバの2ndシングルをリリースする旨を山岡から聞かされたとき、レーベル・オーナーとしての最近の活動の多忙ぶりから、彼のなかにまたなにか整理し切れない性質の感情が渦巻いてしまったが故に、その胸中を吐露する場所として再度「鳴子ナセバ」を選んだのだなと、僕はそう推測した。そして、彼から手渡されたマスタリング前の"水面飛行"と"ハロー"の2曲が収められたCD-Rを、「ギガンティア」における鮮烈なギターサウンドの再来を期待して聴いて、僕は自室のPCの前で心底驚かされることとなる。ダブ的サウンドが酩酊感・陶酔感を緩やかに漂わせながら も、現行のシティ・ポップ的サウンドとのリンクまでをも視野に入れた意欲作Trk-1"水面飛行"、そこから一転して現在世界中を席巻しているEDMサウ ンドを横目に、セカンド・サマー・オブ・ラブ期のレイヴ・サウンドにたったひとりで回帰してしまったかのようなTrk-2"ハロー"。・・・「ギガンティ ア」のプロダクションの面影など、まるでここにはないではないか!それでもこの2曲に惹きつけられるものは確かにあり、彼から受け取ったCD-Rを何度も何度も繰り返し聴いているうちに達した結論こそが、僕が当稿の冒頭に書いた、これは山岡迷子というアーティストにとっての「Blue Monday」である、というものである。

 70年代後半にRAWパンク・バンドWARZAWAを その前身とし、フロントマンのイアン・カーティスのカリスマ性と、「パンク以降」を見据えたかのようなダークなサウンドで当時の若者たちから絶大な支持を 得たマンチェスターのJoy Divisionが、そのイアンの自殺というショッキングな事件によって80年にその幕を閉じてから、残されたメンバーたちはリタイアすることよりも前に進むことを選択して新たにバンドを結成、そのデビュー・ライブをバンド名すらもない状態で行ったのがイアンの死からたった2 ヵ月後のこと。のちにその名のないバンドはNew Order と名乗るようになるが、当時の彼らは当たり前のことではあるがイアン・カーティスという巨大な才能を失ってしまったことへの悲嘆に支配されきっていて、「New Order」というネーミング自体が彼らにとっては皮肉以外のなにものでもない、もしくは彼らの自嘲的な態度の現れではないかとすら思えるほどであった。実際に、彼らのデビュー・シングル曲"Ceremony"は後期Joy Divisionのレパートリーであったし、81年の1stアルバム『Movement』に至ってはまるでJoy Divisionの贋作のような酷い代物であった。しかし、バンドの進む道に暗い影を落とすイアンの「不在」から逃れるようにして、 New Orderはエレクトロ
ニクス、シンセサイザー、シーケンサーを大胆に導入することでたどたどしいながらもダンス・ミュージックに接近し、 Joy DivisionのコピーではないNew Order独自のサウンドを模索した結果として、ロックとダンスの奇跡的な邂逅、インディーダンスの記念碑的名曲"Blue Monday"を世に放つことになるのが83年のこと。イアンの自殺を知らされた朝のことが歌われたというこの楽曲は全世界のリスナー、そしてダンスフロアから熱 狂を持って迎え入れられることになり、その後バンドは80年代にもっとも影響力を持ったアーティストのひとつに数えられるまでに至るのだが、それはま た別の話。僕が「水面飛行」を山岡迷子にとっての「Blue Monday」だとするのは、"Blue Monday"がNew Orderにとってイアン・カーティスとの決別宣言であったように、鳴子ナセバの"水面飛行"は山岡迷子にとって、1stシングル「ギガンティア」の3 曲 で歌われていた叶わなかった恋、結ばれなかった相手との「訣別」であり、「鳴子ナセバ」というアーティストを自身の隠れ蓑にして自分の想いを歌にするといった制作活動からはもう脱却するということへの、山岡自身の決意が込められたものであるからだ。そのことは、単語のチョイスにこそ工学的虚飾を纏ってい るが、「僕は 君に 頼る
のは もうやめた 僕は 君に 頼るのはもうやめるよ」という歌詞を読めば明らかなことではないか。

 Trk-2の"ハロー"に関しても同様のことが言える。これは、New Orderの所属したFactory Records総帥トニー・ウィルソンに憧れてネットレーベルを志したという山岡の、ネットレーベル迷われレコードのオーナーとしてでも、「鳴子ナセバ」 というアーティストにプロデューサーという立場から歌わせたものでもない、いち個人としての素顔の「山岡迷子」によるリスナーへの「ハロー」なのだ。 この「ハロー」という楽句をして、そのまま"Blue Monday"の冒頭の一節"How Does It Feel?"のパラフレーズである・・・とするのはさすがに無理があるだろうか。しかし山岡はこの曲に関して、「結局はNew Orderが好きなんだと思います」と僕にメールで語ってくれたことがあったのだが、彼がその短いセンテンスに込めたであろう真意は、要するにそういうことではなかったのではないか。少なくとも、僕はそのように理解している。

 しかし、そんな山岡の想いをよそに、本作「水面飛行」において当の鳴子ナセバ本人の歌唱が、一点の曇りもないピュアネスを「ギガンティア」以上に纏い始めたという点に関しては、プロデューサーである山岡の想定していたラインを遥かに超えたものだったのではないだろうか。前作に引き続きアートワークを手掛けたSiryuは彼女の清廉な歌声に彼自身の感覚質または心象風景を重ね合わせてこの印象的なカヴァーを制作したのであろうし、本作に収録されたyellowlabel、DubbParade という山岡、そして迷われレコードと非常に縁の深い両人によるそれぞれのリミックスにしても、楽曲をビルドアップさせることや再構築することに優先して、いかに彼女の歌であり声質を際立たせるか、ということにその主眼を置いたはずだ。原曲にマスタリングを施したnemo asakuraにしてもそのことは言えるのだが、本作に関わった人間たちがまるで硝子細工を扱うようにして丁寧な仕事振りを発揮しているのは、彼女の歌声が何気なく触れただけで壊れてしまいそうなくらいの繊細さを持ちつつ、それでいて過剰なほどに強い求心力を放っているため、それに呼応したが故のケミストリーであるとすべきものであろう。ここまでの流れを踏まえると、この「水面飛行」が少なくともアーティスト山岡迷子と等号で結ばれた「鳴子ナセバ」としてのラスト・シングルとなる可能性は非常に高いということになるだろうし、次作があるのであればそのときはじめて彼女は匿名性のベールを脱ぎ捨てて、本当の意味でのいちアーティスト鳴子ナセバとして、僕らの前に姿を現すこととなるのだろう。また、本作は間違いなく山岡
迷子にとってのターニング・ポイントとなるはずであり、無軌道なように見えて用意周到な彼のこと、本作の発表後にはアーティスト/レーベル・オーナーとして何らかのビジョンを抱いていることは間違いない。それらを現実に僕らとシェアしてくれる日が訪れるのがいまから僕は楽しみで仕方がない。それほどまでに、この「水面飛行」に込められた山岡迷子の想いというのは深いものであるし、この盤を手に取ったリスナーのひとりひとりにそれが届くことを僕はいま静かに祈るばかりだ。

解説/古川敏彦(sittingbythechurchwithdan)
posted by 山岡迷子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

184 : Theムッシュビ♂ト 『フライングEP: we can(not)fly』

184個目のリリースは大阪・茨木市在住のミュージシャン、Theムッシュビ♂トによる3曲入りEPです。
Theムッシュビ♂トはロックバンド「BaaBooFAZ」のキーボディストとしての参加や、女性ヴォーカリスト「沙糸しろたま」のプロデュース、更には、日本のJ-POP専門のインターネットレーベル「ポジティヴレコーズ」を主宰するなど精力的に活動をおこなっており、関西アンダーグラウンドシーンやネットレーベルシーンにおいて日に日にその存在感を増しているミュージシャンです。
本作は、そんなTheムッシュビ♂トの自身の音楽活動の核となるソロ名義として、2013年の10月に発表された傑作アルバム「キラーチューンズ/KILLERTUNES」以来となる作品集です。
リードトラック"ソニックウェーヴ/Sonicwave"はアイドルソング的なキュートなポップ性とスカム的な攻撃性が合体した激情J-POPソングとなっており、圧倒的な文字列による怒涛の歌詞に飲み込まれます。
2曲目"翼をください/You Can (Not) Advance"は国民的フォークソングのカバー曲で、今作の表題曲ともいえる重要な楽曲です。静かなピアノの弾き語りから徐々に壮大でサイケデリックなバンドサウンドに以降していく大胆なアレンジが加えられています。
3曲目"スタンドアローン/Stand Alone"はエレクトロポップ曲で、Theムッシュビ♂トの持つ普遍的なメロディーセンスが光るキラーチューンです。
また、今回のリリースに先駆けて公開された、「sittingbythechurchwithdan」を運営する音楽ライター古川敏彦氏との共作『他薦ベスト by Theムッシュビ♂ト×古川敏彦』も注目です。
今回のEPは2015年中に発表が予定されている5thアルバム「彼氏のマストアイテム」からの先行EPでもあり、今後のTheムッシュビ♂トの活躍から目が離せません。

0430-0509.png

1.ソニックウェーヴ/Sonicwave
2.翼をください/You Can (Not) Advance
3.スタンドアローン/Stand Alone
音声特典1:フライングEP予告編
音声特典2:ソニックウェーヴ(オリジナル・カラオケ)







zipファイル(24.8 MB) 全3曲 + ボーナストラック2曲(16分)





Theムッシュビ♂トのコメント
聴けばわかるものなので、ここであまり話すつもりはなかったけど、少しだけ話させて下さい。私信です。
これはこの1年半、発芽から開花まで、いっぱい悩んで、逡巡した末のひとまずの結論です。
こういったものをリリースすることは怖いし、とても勇気が必要です。
でも本来、ヒトを好きになること、想いを伝えること、それを音楽にすることはそういうことなんだ、という原点に立ち返り、こういうカタチにしました。
迷いとか恐れは沢山あります。でも、越えないと何も産み出せないし、自分にはこうしたやり方以外にできることが思い当たりません。
そして、越えた先にある景色の素晴らしさも自分は知っています。
こちらから答えを求めることはしないつもりです。ひとまず君に届けと心から願います。

1.ソニックウェーヴ/Sonicwave
作詞作曲編曲/松永剛寛(=Theムッシュビ♂ト)
http://monsiurbeat.jimdo.com/

Vocal&Programming.松永剛寛
Cast A.吉野なお
Cast B.戸田ノブヒト
Cast C.松永剛寛

吉野なお by the courtesy of caravan
https://twitter.com/nao_y_official
http://caravaninfo.tumblr.com/

戸田ノブヒトfrom BaaBooFAZ
http://baaboofaz.jimdo.com/

ナカモ株式会社商標使用許諾済
http://www.nakamo.co.jp/company/

2015年CDリリース予定!5thアルバム「彼氏のマストアイテム」からの先行カットです!


2.翼をください/You Can (Not) Advance
作詞/山上路夫
作曲/村井邦彦
編曲/松永剛寛
Original=赤い鳥/林原めぐみ

Vocal&Programming,E.Piano.松永剛寛
Stem(Female Chorus).Chris Roberts
(from"Kimi Ni Todoke Orca Life Remix)
http://soundcloud.com/orca-life/monsiurbeat-remix-16

Chris Roberts by the courtesy of Otherworldly Mystics
http://otherworldlymystics.bandcamp.com/


3.スタンドアローン/Stand Alone
作詞作曲編曲/松永剛寛

Vocal&Programming.松永剛寛
初出 Live@難波紅鶴 2014.3.2.


音声特典1:フライングEP予告編

音声特典2:ソニックウェーヴ(オリジナル・カラオケ)



Jacket Illustration/中川一
http://about.me/DOTs_and_Loops
Jacket&Key Visual Design/松永剛寛

Key Visual Model&吉野なおManagement/なかがわゆうすけ(caravan)
https://twitter.com/guccirock

Recording&Mix/松永剛寛(Studio Sugaya)&長上鋭司
Mastering/長上鋭司(D-Studio/ミンカ・パノピカ)
http://panopica.com/

Supported by
sittingbythechurchwithdan
https://sittingbythechurchwithdan.wordpress.com/

indiegrab
http://indiegrab.jp/



本作の制作とリリースにあたっては迷われレコード主宰・山岡迷子様初め、沢山の皆様のご協力とご支援を賜りましたこと、本頁をお借りしてお礼申し上げます。
ありがとうございました。
posted by 山岡迷子 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。