2016年05月22日

213 : La Hot Bier Gang - LHBG EP

213個目のリリースはアルゼンチンの都市ロサリオで結成された6人組ポストロックバンド、La Hot Bier Gangによる10曲入りEPです。
このEPはジャケット画像や楽曲タイトルからも連想されるようにクンビアやオリエンタルスケールの要素が取り入れられた無国籍感満載の作品ですが、そういった一歩間違えばバラバラで散漫になってしまう扱いの難しい要素を、高いバンドの実力でしっかりと聴かせる一つのサウンドにまとめあげています。
特に4曲目"Primer Robot Latino"はクラウトロックやダブ、ラテン、フリージャズ、ポストロックといった要素が入り乱れる8分半の大作で、非常に聴き応えのある楽曲です。

5曲目以降はFaunaというデザイナーズスペースで演奏されたライブ録音で、アルゼンチンの音楽シーンの臨場感を体験できる貴重な音源となっています。
また単純に、La Hot Bier Gangという"バンドのライブ感"を楽しむことができる音源にもなっています。

迷われレコードで海外ミュージシャンの作品をリリースするのは、この作品が初めてです。
このリリースをきっかけに、アルゼンチンと日本の音楽シーンの交流が活性化することを願います。

Our 213th release is 10 songs EP by 6-piece post rock band called La Hot Bier Gang,formed in Rosalio,capital of Argentina.
As the artwork and song titles remind us this EP is a work of the feeling of statelessness loading elements of cumbia and the oriental scale,but they gathers it up for one that is so difficult to handle one false step and the sound had been loose.
In particular,track 4,"Primer Robot Latino" is the masterpiece in 8 and a half minutes,the elements like kraut-rock and Dub,Latin,free jazz,post-rock are mixed and combined.
After the 5th track,by live recording in designer space called Fauna,it is the valuable sample that you can experience a realism of the music scene of Argentina.In addition, it simply gives us a live feeling of La Hot Bier Gang and it's so much fun.
This is the first time that Mayoware record releases the work of overseas musician.I hope that the interchange of the music scene between Argentina and Japan become activated with this release as a starting point.

0430-0509.png

1. Cumbia Melancolica
2. Dubai
3. La Soda del Egipcio
4. Primer Robot Latino
5. Si Lo sabe Cante (Live in Fauna)
6. Sweet Hop (Live in Fauna)
7. Dubai (Live in Fauna)
8. La Soda del Egipcio (Live in Fauna)
9. Baila que te Baila (Live in Fauna)
10. Primer Robot Latino (Live in Fauna)








zipファイル(140 MB) 全10曲(58分)



La Hot Bier Gangのコメント
La Hot Bier Gang formed by the end of 2014 during the hot summer season in Rosario, Argentina. The music of the band is a mixture of southamerican cumbia rhythms, arabic melodies and techno/IDM patterns that flow all along in a sonic brew of textures and evolving dancing landscapes emerging from constants impromptus like mantras. The begining of 2016 bring new music to gang expected to be release sometime in the year.

La Hot Bier Gangは2014年の終わり、アルゼンチンはロサリオの暑い夏の間に結成された。バンドの音楽性はマ ントラのように絶えることなく続く即興演奏から現れる、質感と進化し続けるダンスの風景との音の混交のなかではじめから緩やかになびいている、南米のクンビアのリズム、アラビア音階のメロディーとテクノ/IDMのパターンのミクスチャーだ。2016年の始まりは、今年新しい音楽がリリースされることを期待 している一団にそれをもたらすことになった。

Website: https://lhbg.bandcamp.com/releases

La Hot bier Gang:
Martin Cabezudo: Bass & vocals
Diego Campos: Drums & persussion
Estanislao Chamut: Percussion
Jorge Capriotti: Guitars
Maxi Falcone: Synth & vocals
Mauro Cuffaro: Guitars & vocals

Artwork by: Cecilia Troy






この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示 - 非営利 - 継承 2.1 Japanライセンスの下でライセンスされています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/2.1/jp/




posted by 山岡迷子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | postrock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437705065
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック