2015年07月12日

197 : MISOGIRL「White flowers continue to bloom」

第197弾リリースは京都在住の電子音楽家、MISOGIRLによる5曲入りEP作品集です。
これまで『Shigella』(MYWR-188)『KASOU TAPE』(MYWR-150)など、鋭利で挑戦的なサウンドによる実験的な作品が多かったMISOGIRLですが、今作では5曲目に収録されたJoy Divisionの"Love Will Tear Us Apart"のカバーに象徴されるようにニューウェーヴ的な要素がこれまで以上に強調された、電子音楽 + ポストパンクな作品となっています。また全曲でヴォーカルトラックが入っており、イアンカーティスを彷彿とさせるような呪術的な歌声を聴くことができます。
注目は無機質なロボットボイスとローテンションな低いキーのボーカルとのやり取りが癖になる3曲目"Sex Symbol"や、前作までの流れと今作を繋ぐようなノイズフィルターサウンドが特徴的な4曲目"BUZZ"。
また、なんといっても原曲の根底に流れる雰囲気は残しつつも、現代の電子音楽としての、そしてMISOGIRLのサウンドとしてのアレンジを施した"Love Will Tear Us Apart"のカバーが素晴らしい。

0430-0509.png

1、Sea Of Trees
2、Mr,HOLLYWOOD
3、Sex Symbol
4、BUZZ
5、Love Will Tear Us Apart(Joy Division)





zipファイル(36.5 MB) 全5曲(16分)




MISOGIRLのコメント
終了、そして出発。確定したと信じていてもその脆さに驚くことになる。
これまでとある作法に乗っ取り敢えて劣悪音質で音源をリリースしていたが、それをやめた。タイミングが存在していた。
ポストパンク的アプローチで5曲録音致しました。
ギグでのレギュラーソング多数。攻撃力随一。
ニューウェイヴファンへ。

SoundCloud:https://soundcloud.com/misogirl
Twitter:https://twitter.com/ramodying2










この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示 - 継承 2.1 日本ライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.1/jp/




posted by 山岡迷子 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422244022
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック