2015年04月12日

188 : MISOGIRL 『Shigella』

第188弾リリースは京都在住の電子音楽家、MISOGIRLによる10曲入りアルバムです。
1曲目"dynamic body"からMISOGIRL節全開の歪んだフレーズが繰り返される今作は、前作『KASOU TAPE』(MYWR-150)よりもよりアグレッシブに深化・進化したサウンドに出来上がりました。
全編ノイズにまみれた鋭角的な音処理ながら、どこかシュールで人懐っこいメロディが大胆に飛び出してくる予測不能な作品で、特に、レトロで不気味なフレーズが不安感を煽る5曲目"girl in closet"(タイトルからして不穏!)や、1分程度の小曲ながらサンプリング音声のピッチをいじりまくった怪曲7曲目"before stardust of road is interrupted"、そしてそれに続く、不協和音的なアルペジオ繰り返しの裏で男性ボーカルが小さく聞こえる8曲目"black.w.underground"等、強烈な印象を残すアルバムです。
前面義であるSAYONARA NEURONでの作品『SANATORIUM E.P.』(MYWR-144)『空』(MYWR-130)もオススメです。

0430-0509.png

1、dynamic body
2、dada
3、abandon
4、the letters
5、girl in closet
6、dance of death
7、before stardust of road is interrupted
8、black.w.underground
9、the tanned frequency
10、you never kiss...






zipファイル(38.3 MB) 全10曲(28分)



MISOGIRLのコメント
1年もの間模索し続けて来たあり方は、この10曲のどこかに存在するように思われ、尚且つ、それを噛み砕き横断することでボディイズム、その、異なるイズムを私は考えることができ、それによるノイズは鳴り続ける。

SoundCloud:https://soundcloud.com/misogirl
Twitter:https://twitter.com/ramodying2





この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示 - 継承 2.1 日本ライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.1/jp/




posted by 山岡迷子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/416992027
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック