2014年08月24日

163 : WoopHeadClrms『Brazil tutor』

163回目のリリースは愛知在住のトラックメーカー、WoopHeadClrmsによる3曲入りEPです。
過剰にコラージュされたボーカル音声に、ポストパンクやIDMの影響を感じる不気味で不穏なビートを刻むトラック、唐突に差し込まれるサンプリング音の脈絡の無さなど、非常にユニークで他に類を見ないEPとなっています。
1曲目"Mellow driving club"はテンションの高い男性ボーカルのコラージュを軸に、早送り再生されながらドロドロにチルアウトしていくトラック。
2曲目"Clock"はIDM色の強い曲で、いくつかのメロウで不穏なシンセサイザーのメロディーラインが緊張感をもって重なり合っていきます。
3曲目"Tourist attraction"はインダストリアルミュージックの雰囲気ももった楽曲で、冷たくループされる女性ボーカルのサンプリングと対比されるように、時折ノイズ交じりの叫び声をあげる男性の歌声がコラージュされます。
2曲目"Clock"はニコニコ動画YoutubeにPVがアップロードされており、視覚的にWoopHeadClrmsの世界観を知ることができます。

0430-0509.png

1.Mellow driving club


2.Clock


3.Tourist attraction





zipファイル(21.4 MB) 全3曲(9分)



WoopHeadClrmsのコメント
楽しんでいってください。

サイトURL http://blog.livedoor.jp/sunr666/







この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示・非営利 2.1 Japanライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-nc/2.1/jp/








posted by 山岡迷子 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | techno | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。