2013年10月13日

128 : collage『星の降る感覚』

128個目のリリースは男女混成の4人組バンド、collageによる5曲入りミニアルバムです。
collageはアコースティックギターやキーボード、エレキギター、ドラムを担当するメンバーから構成されており、サウンド的にはポストロックを思わせるメランコリックなメロディーや実験的なアレンジが施されています。
『象と指輪』(MYWR-119)を発表したLyraの二人も在籍しており、作品の空気に共通点を感じることもできます。
表題曲"星の降る感覚"はタイトルから連想される通り開放感のあるスケールの大きい一曲となっています。男女二人のボーカルによるコントラストも印象的です。
また作品のアウトロ的な立ち位置となっている5曲目"クラウド"は謎解きの様な散文的な歌詞と、次に続いていく世界観の広がりを感じさせるそれぞれの音の配置が印象的。

0430-0509.png

1 パルプンテ


2 小さな鳥


3 C♯


4 星の降る感覚


5 クラウド





zipファイル(17.5 MB) 全5曲(18分)



collageのコメント
都内で活動している4人組。

男女のボーカルとシンセサイザー、アコースティックギター、エレキギター、ドラム、鉄琴、ボンゴ、リズムマシーン、その他色々。

collageには音の代表者がいない。

真っ白のキャンバスに飛び込む先頭の絵の具のように、ためらいがちに、辺りを見回しながらゆっくりと沈黙を切り裂いて進んでいくひとつめの音。
それを優しく捕まえて、4人で向き合っている内に作品の輪郭が姿を現す。
繰り返し鳴らしてゆき、作品に名前が付く頃には、先頭の絵の具はたくさんの色に囲まれながら堂々としている。

そんな風にしてcollageの作品は生まれていく。


誰かの音を受け入れながら、決して自分を尊重する事を忘れない。 そんな4人組のひとつめの作品です。





この作品は、クリエイティブ・コモンズの表示-非営利 2.1 Japanライセンスの下でライセンスされています。
http://creativecommons.org/licenses/by-nc/2.1/jp/



タグ:collage
posted by 山岡迷子 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | rock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/377432844
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック